logo

アフィリエイト「A8.net」、記事の“著作権”などをチェックする新サービス

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2017年03月23日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファンコミュニケーションズは3月23日、同社が運営するアフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」において、メディアなど提携するアフィリエイト参加者が、掲載した情報の信頼性をチェックできるサービスを提供すると発表した。2017年内に1万サイト以上での利用を目指すという。

アフィリエイトサービス「A8.net」
アフィリエイトサービス「A8.net」

 2016年より大手企業の副業解禁の流れが進行するなど、副業する個人が増加傾向にあると同社は説明。これにともない、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録する参加者も増加しており、2017年3月現在でA8.netには219万超のアフィリエイトサイトが登録されているという。

 その一方で、参加者の中には薬機法(旧薬事法)や景品表示法などの法律に詳しくない人もいるため、意図せずして法に触れる広告宣伝をしてしまうリスクがあると指摘。そこで、アフィリエイト参加者が健全に広告宣伝をできるよう、総合ネットセキュリティ企業のイー・ガーディアンとともに情報の信頼性をチェックできるサービスを始めるという。

 このサービスは、バナーは200円から、ランディングページなどのウェブページは3500円から(最低取引金額あり)、提携する専門家による薬機法・景品表示法などを基にしたサイト審査や著作権に関するチェックが受けられるという。

信頼性チェックサービスの概要
信頼性チェックサービスの概要

 薬機法に関する資格保有者を中心とした審査経験と、知識が豊富なスタッフによる「抵触の可能性がある箇所の指摘」「代替表現案の提案」「関連法規などの共有」など、きめ細やかなフォローが受けられ、意図せずして法に触れてしまうリスクを回避できるとしている。

-PR-企画特集