logo

写真で振り返るCP+まとめ--キヤノン、ニコン、ソニー編 - 25/28

山川晶之 (編集部)2017年02月27日 14時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017年2月に発表された「FE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GM」。STFレンズは、ミノルタ時代に開発されたもので、中心から周辺部にかけて光の透過量が変化する特殊なフィルタ「アポダイゼーションフィルター(APD)」を採用。ボケの輪郭のエッジを目立たなくし、きれいなボケが描ける。

 APDフィルタを搭載したレンズは、光の透過量の問題からオートフォーカスに対応しづらく、ミノルタを引き継いだソニーでも長年マニュアルフォーカスに対応したレンズのみが販売されていた。SEL100F28GMは、同社で初めてオートフォーカスに対応したAPDレンズとなる(AFに対応した世界初のAPDレンズは富士フイルムのXF56mmF1.2 R APD)。

 2017年2月に発表された「FE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GM」。STFレンズは、ミノルタ時代に開発されたもので、中心から周辺部にかけて光の透過量が変化する特殊なフィルタ「アポダイゼーションフィルター(APD)」を採用。ボケの輪郭のエッジを目立たなくし、きれいなボケが描ける。

 APDフィルタを搭載したレンズは、光の透過量の問題からオートフォーカスに対応しづらく、ミノルタを引き継いだソニーでも長年マニュアルフォーカスに対応したレンズのみが販売されていた。SEL100F28GMは、同社で初めてオートフォーカスに対応したAPDレンズとなる(AFに対応した世界初のAPDレンズは富士フイルムのXF56mmF1.2 R APD)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]