logo

写真で振り返るCP+まとめ--キヤノン、ニコン、ソニー編 - 14/28

山川晶之 (編集部)2017年02月27日 14時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 こちらは、1948年に発売したニコン初の量産カメラ「ニコンI型」。ここからカメラメーカーとしてのニコンの歴史が始まる。

 ニコンI型は、レンジファインダー方式を採用。ボディデザインは、ドイツのカール・ツァイス財団の傘下にあったカメラメーカー「Zeiss Ikon」が1936年に発売した「Contax II型」に似ているものの、シャッター構造はContax IIの鎧戸式ではなく、ドイツのライカのカメラに似ていたという。

 ニコンI型を皮切りに、レンジファインダーの完成形とも呼ばれる「ニコンSP(1957年発売)」に至るまで複数のモデルが開発された。

 こちらは、1948年に発売したニコン初の量産カメラ「ニコンI型」。ここからカメラメーカーとしてのニコンの歴史が始まる。

 ニコンI型は、レンジファインダー方式を採用。ボディデザインは、ドイツのカール・ツァイス財団の傘下にあったカメラメーカー「Zeiss Ikon」が1936年に発売した「Contax II型」に似ているものの、シャッター構造はContax IIの鎧戸式ではなく、ドイツのライカのカメラに似ていたという。

 ニコンI型を皮切りに、レンジファインダーの完成形とも呼ばれる「ニコンSP(1957年発売)」に至るまで複数のモデルが開発された。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]