ゼンハイザー、高フィット感が得られる新シェイプを採用--「ACCENTUM True Wireless」

 Sonova Consumer Hearing Japanは5月7日、ゼンハイザーブランドから完全ワイヤレスイヤホン「ACCENTUM True Wireless」を発表した。独自開発の7mmドライバーを搭載し、低域から高域まで歪みのないサウンドを再生する。発売は5月21日。想定税込価格は3万2890円になる。

「ACCENTUM True Wireless」 「ACCENTUM True Wireless」
※クリックすると拡大画像が見られます

 7mmドライバーは「MOMENTUM True Wireless 4」と同等の自社開発品。補聴器などで知られる「Sonova(ソノヴァ)」グループが持つ耳の形のデータや独自のノウハウ、装着テストなどから生み出された新シェイプのイヤホンは、フィット感が高く、長時間での使用でも疲れにくく、耳から外れにくいとしている。

 ハイブリッドアクティブノイズキャンセリングを備え、周囲の音を大幅に低減するほか、外音取り込み機能にも対応。専用アプリ「Smart Control」から風切音の防止設定も可能だ。

 イヤホン本体で最大8時間、充電ケースを使用すれば最大28時間の再生を実現。バッテリープロテクションモードにより、長期間でも劣化しにくいバッテリーを内蔵する。「Qi」のワイヤレス充電にも対応している。

イヤホン本体 イヤホン本体
※クリックすると拡大画像が見られます

 片側ずつ2個、合計で4個のマイクを内蔵し、ビームフォーミングによりクリアな通話をサポート。イヤホンは片耳使用もできるため左右を使い分けられる。

 SBC、AAC、aptXに加え、将来的なファームウェアアップデートを通して次世代型のコーデックであるLC3とAuracastに対応予定。イヤホンを外すと自動で停止、装着すると自動で再生を開始する「スマートポーズ機能」も備える。

ゼンハイザー(Sonova Consumer Hearing Japan)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]