Beats、「Solo」シリーズに超小型完全ワイヤレスが登場--ヘッドホン「Solo 4」も

 Beatsは4月30日、ワイヤレスヘッドホン「Beats Solo 4」(税込価格:3万2800円)と完全ワイヤレスイヤホン「Beats Solo Buds」(同:1万2800円)を発表した。いずれも携帯性に優れたコンパクトボディで、Beats Solo BudsはBeats製品の中で最小サイズのケースを採用する。発売はBeats Solo 4が年5月14日、Beats Solo Budsが6月。

 Beats Solo Budsは、「Solo」シリーズ初の完全ワイヤレスイヤホン。2023年5月に発表した「Beats Studio Buds +」に比べ、約40%小型化したケースにより、ポケットに入れやすく、持ち運びしやすいことが特徴だ。ケースにはバッテリーを内蔵せず、ケースにイヤホンを入れた状態でUSB-C経由で充電する方式。小型ながら、最大18時間の再生ができ、5分の充電で1時間の再生に対応する「Fast Fuel」機能も備える。イヤホンに備えたベントは、高音質再生を実現するとともに、耳への負担を軽減し、快適な装着感が得られる。

ポケットにも入れやすい小さなケースが特徴 ポケットにも入れやすい小さなケースが特徴
※クリックすると拡大画像が見られます

 音質はパワフルでクリア。原音に忠実なサウンドを追求しているとのこと。ドライバーとアコースティックノズルを平行に配置することで、サウンドをまっすぐ耳に届ける。

 XS、S、M、Lと4つのサイズのイヤーピースを同梱し、すべての人にフィットするようにカバーしているとのこと。ボディカラーは、マットブラック、ストームグレイ、アークティックパープル、トランスペアレントレッドの4つをそろえる。iOSとAndroidに対応し、ワンタッチペアリング、自動セットアップなども可能だ。

 Beats Solo 4は、2009年に発売した「Beats Solo」から4世代目にあたる最新モデル。40mmのトランスデューサーを搭載し、不要なノイズや歪みを排除しクリアなサウンドを再生する。

 本体には、ジャイロスコープと加速度センサーを搭載し、ダイナミックヘッドトラッキングを行うことで、空間オーディオにも対応。音楽はもちろん、映画やゲームなど没入感のある360度サウンドを体感できる。

 最大50時間の再生ができるほか、USB-Cを接続して、ロスレスオーディオの再生も実現。イヤークッション部の素材をアップグレードし、耐久性を向上したほか、ヘッドバンド部は頭部にフィットする形状に変更し、快適で確実な装着感を提供する。

 Beats Solo Buds同様、iOSとAndroidに対応し、ワンタッチペアリングなどの利用も可能。iPhoneと組み合わせれば、Beatsまたは「AirPods」へのオーディオ共有もできる。

 ボディカラーは、スレートブルー、クラウドピンク、マットブラックを用意。重量は217gとコンパクトで、Soloシリーズの特徴である軽量なボディデザインを継承している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]