logo

ヤフーとバイドゥが業務提携--中国向けマーケティング領域で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは11月30日、中国向けマーケティング領域において、バイドゥと日本総代理店契約を締結し、「百度リスティング広告」「百度アドネットワーク広告」の国内販売に合意したと発表した。これにより、バイドゥの日本国内代理店商流をヤフーの代理店商流に移管する。

 近年の訪日外国人観光客の増加にともない、日本企業からの広告出稿需要が拡大。中でも訪日外国人観光客の消費額が突出している中国への出稿意向の高まりが予想されている。ヤフーでは、広告主のニーズに応えるため、バイドゥの検索連動型広告「百度リスティング広告」ならびに広告配信ネットワーク「百度アドネットワーク広告」を活用した中国向けマーケティングを支援する。

 百度リスティング広告は、「www.baidu.com」の検索結果画面に広告を掲載するサービス。中国における検索連動型広告シェアの約80%を占めているという。百度アドネットワーク広告は、百度がネットワークしている約60万以上の専門サイトにバナーやテキスト広告を掲載できる。

 ヤフーでは、全国の営業拠点ならびに代理店網を活用して同商品を販売するだけでなく、Yahoo!プロモーション広告の提供で培ったノウハウをもとに、中国における検索などの豊富なビッグデータを保有するバイドゥと協力してマーケティングソリューションを拡充する。

 また、両社の強みを活かし、バイドゥの日本総代理店として、トレンド分析や改善施策などのコンサルティング業務も実施する予定だという。

-PR-企画特集