logo

スマホでの企業サイト成約率、日本とインドが世界トップ--アドビ調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは10月4日、世界各国のブランド企業が展開しているウェブサイトを調べた、Adobe Digital Insights(ADI)調査「Best of the Best」を発表した。

 今回の調査では、2015年における米国での1万以上のウェブサイトに対する2000億回の訪問データ、欧州の3000以上のウェブサイトに対する1000億回の訪問データ、アジアの3000以上のウェブサイトに対する1000億回の訪問データを集約・分析した。

 各国の平均的なウェブサイトとトップレベルのウェブサイトを、6つの主要評価指標(スマートフォンとPCによる訪問率、消費、エンゲージメントとオーサーシップ、トラフィック、スティック率、コンバージョン率)に基づいて調査する。対象となる業界は、小売業、旅行・ホスピタリティ、メディア・エンタテインメント、金融サービス、IT、通信および、自動車。

 企業サイトにおけるスマートフォンからのコンバージョン率を調査した結果、日本とインドが世界で最も高く、いずれも平均1.5%を達成した。また、日本の企業サイト上位20%のコンバージョン率は3%で、上位20%と平均との差は縮小傾向にあり、同社では日本のマーケターがスマートフォン経由のコンバージョン対策を進めている証だとしている。

スマートフォン経由のコンバージョン率
スマートフォン経由のコンバージョン率

 日本でのスマートフォン経由の訪問率は、前年比で着実に増え続けており、平均して約37.9%を占めている。企業サイトの上位20%では、スマートフォン経由のトラフィックが60%近くにまで達し、平均値を大きく上回っている。

スマートフォン経由の訪問率
スマートフォン経由の訪問率

 日本の次は韓国で、スマートフォン経由の訪問率は平均で約31.6%。APAC(豪州・ニュージーランド、中国、香港、インド、日本、東南アジア、韓国)でも、企業サイト上位20%と平均の訪問率のギャップが縮小しており、2015年中にモバイルへの最適化が進んだことが分かる。

 国別および、業界別で調べると、APACのすべての国でスマートフォン経由のトラフィックが増加。調査対象の業界でも同様に前年比で増加している。特に、通信業界とメディア・エンターテインメント業界は、スマートフォン経由での訪問数が突出して多く、それぞれ平均が44.3%と37%だった。

 一方、金融サービス業界やテクノロジー業界は振るわず、スマートフォン経由からのトラフィックはそれぞれ22.4%と16.5%にとどまった。

国別および業界別でのスマートフォン訪問率
国別および業界別でのスマートフォン訪問率

 アドビでは、マーケターにおいては、これらのギャップを特定し、戦略的なテスト計画を立て、データに基づいてKPIを特定することで、オーディエンス全体を理解し、顧客体験の最適化に取り組むことが大切だとしている。

-PR-企画特集