logo

訪日外国人の行動データを詳細に分析できる「いいデータ」--電通ら4社が開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は7月7日、ブログウォッチャー、ナビタイムジャパン、ジョルテと協業し、訪日外国人の行動データにもとづいた分析ソリューション「いいデータ」(Inbound Infographic Data)を、8月上旬より提供すると発表した。

使用している端末OS、国籍、訪問目的、性別、アプリのダウンロード場所などの属性が分析できる
使用している端末OS、国籍、訪問目的、性別、アプリのダウンロード場所の分析

 いいデータは、電通とブログウォッチャーが独自開発したシステムで収集した、訪日外国人の行動データをベースに開発。さまざまな事業者の事業化を支援する観点から、一部機能については無料で公開する。

 具体的には、訪日外国人向けスマートフォンアプリ「NAVITIME For Japan Travel」と多機能カレンダーアプリ「ジョルテ」に、あらかじめ「プロファイルパスポートSDK」を組み込み、情報取得を承諾した訪日外国人から属性・位置情報データを取得。それらを分析・可視化するツールを企業に提供することで、マーケティング活動に活用できるという。

 いいデータでは、訪日外国人の行動データを、属性情報(端末OS、国籍、訪問目的、性別、アプリダウンロード場所など)、ビジター数、エリア別訪問回数、周遊ヒートマップ、メッシュデータ、都道府県別データ、市区町村別データなど、さまざまな切り口で分析可能。

 位置情報や属性情報に基づくパーソナルレコメンデーション配信(個人向けのクーポンや情報配信など)を、訪日外国人のスマートフォンやタブレットに送ることができる。

月ごとのビジター数の合計と推移が分析できる
月ごとのビジター数の合計と推移の分析
時間帯ごとに外国人がどのエリアを何回訪問したかのエリア別訪問回数が分析できる
時間帯ごとに外国人がどのエリアを何回訪問したかのエリア別訪問回数分析
周遊ヒートマップ(移動経路)をエリアごとに集計・分析できる
周遊ヒートマップ(移動経路)をエリアごとに集計・分析
メッシュ別の滞在ユーザー
10km(1km)メッシュ別の滞在ユーザー数を集計・分析

都道府県別、市区町村別の滞在ユーザー数分析
都道府県別、市区町村別の滞在ユーザー数分析

 同社では、ソリューションの強化・拡充に向けて、他のアプリ事業者との協業も進めるという。

-PR-企画特集