アップルのプライバシー対策--機能強化との両立を図る「Differential Privacy」

Alison Vayne (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年06月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Magical(魔法のよう)」「Incredible(信じられないほど)」「Amazing(素晴らしい)」、さらに「Chamfered edge(面取りエッジ)」などは、Appleの基調講演で長く使われてきた言葉だ。今回ここに「Differential Privacy(差分プライバシー)」が加わる。

 この言葉が発せられたのは、米国時間6月13日に開催されたAppleのWorldwide Developers Conference(WWDC)で、発言者はソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのCraig Federighi氏だ。同氏はAppleの新ソフトウェア「iOS 10」で、ユーザーのニーズや希望がどのように予測されるようになるかを説明した。Federighi氏によると、何より重要なのは、iOSがユーザーのプライバシーを侵害することなく今まで以上にスマートになることだという。

 「iOS 10の素晴らしい機能の数々も、プライバシーを犠牲にするようなら意味がない」。Federighi氏はサンフランシスコで開催のWWDCでこのように述べた。

 そのうえで、同氏は個人データの扱い方に関するAppleの哲学と、Googleなどの競合他社の哲学の違いを強調した。

AppleはWWDC 2016で、同社のデバイスに共通する新しい機能とセキュリティシステムを多数発表した。
AppleはWWDC 2016で、同社のデバイスに共通する新しい機能とセキュリティシステムを多数発表した。
提供:Apple/YouTube

 要するにAppleは、「プロフィール」の作成のために自社のデータを利用しないという方向を選択した。つまり、ユーザーの求めるものを判断するために具体的な個人情報にアクセスする必要がないということだ。かたやGoogleは、ユーザーに対する理解を深め、最終的にもっとユーザーに関連のある広告を表示するために、写真や電子メール、お気に入りの場所など、ユーザーから同社に送られてくる情報を利用している。

 Appleが今回のようなアプローチを好む理由は数多くある。たとえばサイバー攻撃が発生した場合、ハッカーはAppleユーザーに関するデータを収集するのが難しくなるだろう。盗み出せる個人データが少ないからだ。

 このテクノロジを試しているのは、Appleだけではない。Googleも特定の目的で「Chrome」ブラウザに取り入れており、さまざまなスタートアップ企業も同様のことを試みている。だがAppleにとってDifferential Privacyを使うということは、プライバシーをめぐる同社の幅広い取り組みにおいて、最も新しい展開という意味合いがある。

 Appleは3月、「iPhone」のロック解除をめぐって、米連邦捜査局(FBI)への協力を拒んだ。カリフォルニア州サンバーナーディーノで起きたテロ事件で、容疑者が所有していたとされるiPhoneだ。これをきっかけに、Appleはユーザーのプライバシーに関する議論の最前線に立つことになった。さらには、米大統領選で共和党の指名が確実視されているDonald Trump氏が、Apple製品のボイコットを訴えるという事態にまで発展した。

 6月13日の基調講演が終盤にさしかかったころ、Federighi氏はプライバシーに関する取り組みをさらに強化すると語った。同社の製品で稼働するあらゆるアプリの通信を暗号化し、所定の受信者だけが読み取れるようにデータを乱雑化するという。

 「素晴らしい機能と、素晴らしいプライバシーをお届けできるはずだ」(Federighi氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加