logo

顕微鏡が捉えた神秘--ニコン「Small World」コンテストの上位作品 - 7/10

Michael Franco (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年10月30日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シロイヌナズナの新芽

 カリフォルニア工科大学のNathanael Prunet氏が撮影し、9位に入ったこの写真でも、共焦点顕微鏡法が使われている。シロイヌナズナと呼ばれる顕花植物の新芽を40倍に拡大して撮影したものだ。

 シロイヌナズナは生物学の研究に使われることが多く、ニコンのコンテストで何度も題材に選ばれている。全ゲノムの配列が解読された最初の植物だ。
Scroll Right Scroll Left

シロイヌナズナの新芽

 カリフォルニア工科大学のNathanael Prunet氏が撮影し、9位に入ったこの写真でも、共焦点顕微鏡法が使われている。シロイヌナズナと呼ばれる顕花植物の新芽を40倍に拡大して撮影したものだ。

 シロイヌナズナは生物学の研究に使われることが多く、ニコンのコンテストで何度も題材に選ばれている。全ゲノムの配列が解読された最初の植物だ。

提供: Dr. Nathanael Prunet

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]