logo

「Surface Pro 4」を「MacBook Air」「iPad Pro」「Pixel C」とスペック比較

Nate Ralph (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年10月07日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Surface Pro」シリーズはノートPCの代わりになるタブレットだとMicrosoftは常に宣伝してきた。そして、最新モデルの「Surface Pro 4」は、ノートPCを置き換える可能性がこれまでで一番高い製品だ。Surface Pro 4は動作速度とデザインの洗練度の両方で前機種を上回っており、第6世代のIntelプロセッサと最大1テラバイトのストレージ容量を備える。

 しかし、特にSurface Pro 4のような2in1端末の登場によって、PCの定義が曖昧になってきている。人気のApple製「MacBook Air」は、Surface Proが狙う分野において今も最有力機種の1つで、従来のデスクトップ体験をおなじみのノートブック筐体で提供する。

 ほかに注目すべきは、まもなく登場するAppleの「iPad Pro」だ。iPad Proは、人々が「iOS」に関して気に入っているすべてのことを大型スクリーンで利用可能にすると約束している。Googleの「Pixel C」タブレットも忘れてはいけない。Pixel Cについては、詳しいことはほとんど明かされていないが、GoogleのモバイルOSの最新バージョンである「Android 6.0 Marshmallow」が搭載される予定だ。

 この多様性に富む分野におけるSurface Pro 4の立ち位置を確認してみよう。

Surface Pro 4とライバル製品のスペック比較
Surface Pro 4MacBook Air(13インチ)Apple iPad ProGoogle Pixel C
ディスプレイ12.3インチ
2736×1824ピクセル解像度
13.3インチ
1440×900ピクセル解像度
12.9インチ
2732×2048ピクセル解像度
10.2インチ
2560x1800ピクセル解像度
ピクセル密度267ppi128ppi264ppi308ppi
本体サイズ292×201×8.4mm325×227×17mm厚さ6.9mm非公開
重さ786g1.35kg713g非公開
OSWindows 10 ProOS X El CapitaniOS 9Android 6.0 Marshmallow
プロセッサ最上位機種はIntel Core i7、Intel Iris 540最上位機種は2.2GHz Intel Core i7、Intel HD 6600 GPU64ビットのA9X、M9モーションコプロセッサNVIDIA X1クアッドコア、Maxwell GPU
ストレージ最大1テラバイト最大512Gバイト32Gバイト、128Gバイト32Gバイト、64Gバイト
RAM最大16Gバイト最大8Gバイト非公開3Gバイト
バッテリ最長9時間の動画再生最長12時間の動画再生最長10時間の動画再生非公開
スタート価格(米国)899ドル999ドル799ドル500ドル

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集