logo

グーグルの「Android Wear」、「iPhone」に対応

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年09月01日 07時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleは米国時間8月31日、「Android Wear」を搭載するスマートウォッチがAppleの「iPhone」と連携可能になることを発表した。

 Googleのスマートウォッチへの取り組みの中で大きな変化となる動きだ。サムスン、Motorola、LGといったハードウェアベンダーが製造するAndroid Wear搭載スマートウォッチはこれまで、「Android」を搭載するスマートフォンとのみ連動していたが、iPhoneに対応することで、Googleは潜在顧客層を拡大する。Appleは前四半期単独で4750万台のiPhoneを販売している。

 Googleは、Android Wearスマートウォッチをさらに広範に使用できるようにし、スマートウォッチを購入しようと考えるiPhoneユーザーが、iPhoneにしか対応しない「Apple Watch」以外の選択肢を検討することを期待しているようだ。調査会社のStrategy Analyticsによると、Apple初のウェアラブル製品であるApple Watchは、発売から数カ月のうちに、2015年の世界スマートウォッチ市場で最も人気の高い製品となったという。

 Googleは2014年、Android Wearをリリースし、スマートウォッチ市場に参入したが、これまで消費者の支持を得ることに苦戦している。ユーザーは、腕にコンピュータを装着する必要性があるかどうかを決めかねている状態だ。Canalysによると、2014年のウェアラブル製品の総出荷数は460万台で、そのうちAndroid Wear搭載製品の出荷数はスマートウォッチメーカー全体の合計でわずか72万台であったという。

 Appleは、Apple Watchの具体的な販売個数を明らかにしていないが、Strategy Analyticsによると、前四半期のApple Watch販売数は400万台だったという。

 現在、Android WearとiPhoneの連携には一部制約がある。例えば、AppleユーザーはAndroid WearスマートウォッチをWi-Fiネットワークに接続できず、セルラー接続のみが使用可能となる予定だ。

 Googleは4月、 Android WearスマートウォッチとAndroidスマートフォン間のWi-Fi接続に対応することを発表した。Appleユーザー向けに、Wi-Fi接続を提供する時期については明らかにしていない。

 また、「Google Play」ストアには、PinterestやデートアプリのTinderなどサードパーティーソフトウェアメーカーによって開発された4000ものAndroid Wearアプリが提供されているが、iPhoneユーザーはAndroid Wearスマートウォッチでこれらを使用することはできない。

提供:Google
提供:Google

-PR-企画特集