logo

ノートブック購入ガイド(後編)--CPUとストレージに関する考察と製品選びFAQ - (page 3)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年07月10日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Windows」と「Mac OS X」は、どちらがいいのか

 これほど含みのある質問は他にないだろう。Windowsユーザーが評価しているのは、柔軟性が高く、非常に細かい調整やパーソナライズができるという点だ。ハードウェアのバリエーションは無限と言ってもいい。またMicrosoftは、混乱を招いた「Windows 8」でのつまずきや、それに伴う不評を、「Windows 10」である程度是正できるものと期待している。

 OS Xの次バージョンはEl Capitanと呼ばれる。
OS Xの次バージョンはEl Capitanと呼ばれる。 提供:James Martin/CNET

 一方、AppleのMac OS Xは、限られたデスクトップとノートブックでしか利用できない。とはいえ、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたプラットフォームは、全体的な体験の安定性や信頼性を大きく高めており、OS Xのユーザーフレンドリーなレイアウトとコントロールを好むユーザーは多い。次期メジャーアップデートである「OS X El Capitan」は、2015年秋に登場する予定だ。

 最後に、Windowsの方が、特にフリーウェアやゲームについては、利用できるソフトウェアライブラリがはるかに充実している。

今すぐ購入すべきか、次のアップデートやアップグレード、新型CPUなどの登場まで待つべきか

 実に難しい問題だ。同じことが、ほとんどのテクノロジカテゴリについて言える。どんな新しいハードウェアも、毎日一歩ずつ旧式化への道を進んでおり、そう遠くない将来のどこかの時点で、必ず新しいバージョンが登場することになる。この事実を受け入れてしまえば、もっと力を抜いて、楽しく使える製品を買えばいいと思えるようになり、新モデルをうらやむこともなくなるだろう。

だが、Windows 10がリリースされたら、今のWindows 8マシンはどうなるか

 Windows 10は米国時間7月29日にリリースされ、現在Windows 7やWindows 8、「Windows 8.1」を使用しているユーザーは(提供開始から1年間は)無料でアップグレードできるという点を覚えておこう。アップグレード作業で以前ほどの混乱は起きないはずだ。

 PCメーカーの多くは、Windows 10のリリースを目前にして、Windows 8がインストールされた新製品を出荷しているが、それはユーザーがすぐにWindows 10をダウンロードするだろうと見込んでのことだ。

多くの場合、Windows 10は無料アップグレード可能となる。
多くの場合、Windows 10は無料アップグレード可能となる。
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]