logo

「Apple Watch」レビュー(第4回)--音楽再生機能、Apple Pay、課題が残る操作性

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年04月20日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (編集部注:米CNETによる「Apple Watch」のレビューを複数回に分けて翻訳して公開します。続編は後日公開予定です)

 第1回第2回第3回より続く。

フィットネス(続き)

 筆者は時折、自分の心拍数をちらっと見る。「Apple Watch」は心拍数を絶えず追跡するわけではないが、最後に測定した心拍数は知らせてくれる。通常、ほんの数分前に測定した数値が表示されるので、ふと思いついたときに安静時の心拍数を測定するのとほぼ同じようなものだ。

 Apple Watchは心拍数データを使って、「Workout」アプリのカロリー予測を追跡する。インターフェースという観点で見ると、Workoutは最低限の要素以外をそぎ落としたようなアプリだ。アクティビティと目標(距離、カロリー目標、時間、または無制限)を選択した後、「Start」を押す。距離の追跡には「iPhone」のGPSが使用される。Appleによると、このGPSベースの距離追跡機能では、時間がたつにつれてデバイス上の歩数計の精度とフィットネストラッキングが調整されていくという。Apple Watchの歩数計は「Fitbit Charge HR」のものより歩数が少し多めにカウントされると感じたが、Apple Watchの「Activity」アプリで重要な測定値は、歩数ではなくカロリー消費量だ。

 データ(心拍数を含む)はすべて、Appleの「Health」アプリに送信される。今のところ、ActivityアプリとWorkoutアプリはこのようにして、他のサードパーティー製フィットネスアプリと連携しているようだ。Apple Watch上では、まだ他のものとは連携しない。他のサードパーティー製フィットネスアプリはいつでも試すことができる。「Six Pack」(トレーニング方法を説明する動画を再生)や「Lifesum」(食べ物や水の摂取量、運動を追跡)など、既にいくつかのアプリがApple Watchに対応している。「Nike+」「Strava」「Runkeeper」など、今後さらに多くのアプリが登場する予定だ。「App Store」の評判だけを考えても、Apple Watchは最も多くのアプリとつながるフィットネススマートウォッチになるだろう。そのため、Apple Watchはいずれフィットネス市場で最高の製品になるかもしれない。

figure_1
提供:CNET

 とはいえ、GPS追跡を利用したければ、iPhoneを持ち歩く必要がある。それが理由で、ランニングに真剣に励むユーザーはGPS内蔵のスマートウォッチやバンドを買って、Apple Watchを購入しない可能性もある。

 しかし、Apple Watch最大のキラーフィットネスアプリは、音楽再生機能かもしれない。

「iPod」の再来:音楽再生機能

 「Android Wear」スマートウォッチやサムスンの「Gear」スマートウォッチと同様、Apple Watchも音楽データの保存に対応しており、プレイリストの同期という形で2Gバイトまで保存できる。突き詰めていくと、Apple Watchはある意味でiPodと言えるだろう。iPhoneに保存した音楽を操作するリモコンとしても使えるが、iPhoneのApple Watchアプリ経由でプレイリストを同期すれば、その音楽をかなり簡単にApple Watchに転送することができる。「iTunes」や「Mac」は必要ない。アルバムをドラッグできるともっといいのだが、プレイリストはその場で簡単に作成可能だ(現在のところ、音楽の保存と再生はiTunes内でのみ可能で、Spotifyなどのサードパーティーアプリはサポートされていない)。

-PR-企画特集