Facebook Japan、ビジネスにおける「4つの強み」--アドテック関西講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際デジタルマーケティングカンファレンス「ad;tech(アドテック)」の関西版「アドテック関西」が11月26日と27日の両日、グランフロント大阪 コングレコンベンションセンターで開催された。世界では12番目、日本では東京と福岡に続く3番目の開催地で、今回が初めての開催となる。ここでは初日に開かれた、Facebook Japan代表取締役の岩下充志氏によるキーノートの模様をお伝えする。

  • 初日最初の基調講演に登壇したFacebook Japan代表取締役の岩下充志氏

 Facebook Japanの現在の月間アクティブユーザー数は2300万を超え、この数字は読売、朝日、毎日、日本経済新聞の合計部数を超えている。冒頭で岩下氏は、10月中旬から放送しているテレビCMを紹介。世界初のブランドキャンペーンであり、4年目を迎えた日本市場に対する力の入れようを強調した。

 2014年は日本市場を初とするいくつかの機能をローンチしており、10月にCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が来日した際には、災害時の安否確認を行う新機能「災害時情報センター」を発表。表示を関西弁に設定できる機能は「関西の方々からは賛否両論があった」ものの、大きな話題となった。

◇来日時に語った内容
FacebookザッカーバーグCEOが来日--創業、後悔、日本への思いを語る


ビジネスにおける4つの強み

 ビジネスにおける強みとしては、「スマートフォンとの抜群の相性」「デバイスをまたいだターゲティング」「パーソナルなクリエイティブ」「ROIの計測」の4つを挙げている。スマートフォンとPCとタブレットを併用するクロスデバイスがユーザーに浸透しているが、Facebookではいずれもが追跡可能であり、顧客が商品やブランドをどう認知し、接点を持つのかというカスタマージャーニーが把握できるという。またニールセンの調査によると、通常のオンライン広告が指定したターゲットにリーチできる割合が38%なのに対し、Facebookでは89%にもなるそうだ。

  • クロスデバイスユーザーが増えても適切なターゲットにリーチできるのもFacebookの特徴であると説明

  • Facebookはクロスデバイスの計測が可能

  • 適切なユーザーにリーチできる

 ニュースフィードにはユーザーに合わせてカスタマイズされた広告を表示できる。活用事例として紹介された花王のシャンプー「エッセンシャル」のケースでは、11種類の広告をユーザーに合わせて表示したことでシェアが1.5倍に伸びたという。コミュニティツールとしてのSNSから、企業の課題解決に使えるツールへと進化しており、認知度の向上、ダウンロード数と購入数の増加などでも成果が出ているそうだ。また、リクルート、日産自動車、キリンビールが主要メディアとしてFacebookを活用しているとも言っていた。

  • ユーザーに合わせてカスタマイズされた広告表示でシェア拡大などを成功させている

  • 機能変更を重ねた結果、当初よりビジネスにも使えるツールへと進化している

 ビデオ視聴も急増しており、世界での1日あたりの動画再生回数は10億回にもなっている。2014年5~7月の成長率は50%で、そのうち65%がモバイルからの視聴である。米国では8月にPC上での動画再生回数がYouTubeを追い越し、ナンバー1プラットフォームとなっている。日本でもこの9月に動画投稿数が130万回と、1年で2倍に成長している。

  • 米国での月間動画再生回数はすでにYouTubeを追い越した

  • 日本での動画投稿数も倍増している

 当然ながら動画広告にも力を入れており、Reach(リーチ)、Relevance(適切さ)、Remarketing(リターゲティング)の3つの「R」を特徴とした展開を狙う。また、ターゲットへの精度の高いリーチとフリークエンシー(接触頻度)を設定できるのはFacebookだけであるとし、クリエイティブ配信が可能になると説明。オートプレイ広告も視野に入れ、動画広告そのものを進化させたいとの意気込みを見せている。

  • 動画広告の特徴である3つのR

 Facebook全体の方向性としては、2013年8月にザッカーバーグ氏が設立を発表したInternet.orgの取り組みを進め、発展途上国の50億人に対して引き続きインターネットのアクセス普及を目指すほか、デバイスの進化をリードするとしている。今年7月に買収が完了したOculus VRの技術を使ったバーチャルリアリティに向けた技術開発のほか、Instagramをはじめとしたマルチアプリ戦略にも力を入れる。

 日本で成長するための投資も引き続き力を入れるとしており、すでにスタッフ規模は岩下氏が就任した当時より3倍に増えているという。ちなみに、今回発表されたいくつかの数字については、2013年12月に開催されたCNET Japan LIVE 2013の基調講演で岩下氏が発表した数字と比較してみると、Facebookの成長ぶりがより見えてくるかもしれない。

◇Facebookの「モバイルベスト戦略」
Facebookの4つの特性が広告の効果を変える--CNET Japan Live 2013

 世界各都市で開催されているアドテックの中で、Facebookがブロンズスポンサーとなっているのは日本だけだという。アドテック関西では2日間ののべ来場者数が3470名と予定目標をクリアしており、これからのアドテクノロジに対する関心の高まりが感じられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加