logo

サムスンの「Gear Live」レビュー--「Android Wear」搭載スマートウォッチ - (page 5)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年07月29日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Gear用アプリではなくAndroid Wear用アプリが必要

 これまでに発売されたサムスンのGear 2やGear 2 Neo、Gear FitといったGear製品向けのTizenアプリについてはすべて忘れてほしい。Gear LiveではAndroid Wearアプリというまったく違った種類のアプリが実行される。Android Wearアプリは「Google Play」ストアで提供されており、Android携帯へのアプリインストール時に、ペアリングされているスマートウォッチにインストールされる。利用可能なアプリはまださほど多くない(筆者が試用したものは、初期のプレビュービルドだ)が、その状況はすぐに変わるはずだ。Pebbleのアプリや前述したTizenアプリとは異なり、Android Wearは実際のところAndroidアプリの拡張であり、開発しやすくなっているのだ。

Android Wear上のアプリ

 Gear Live(そして他のすべてのAndroid Wear搭載スマートウォッチ)は、スマートフォン上のシンプルなアプリを介してペアリングするようになっている。このペアリングはBluetoothを使った1対1の接続となる。これでGoogle Playストア経由で、利用可能な互換アプリをチェックしたり、アラームや文字盤、その他の設定を調整したり、通知を無効化する作業を行えるようになる。デフォルトでは、アプリが携帯電話に送信する通知はすべてカード形式でAndroid Wearにも送られる。こういったものを1つずつ無効化していけばスマートウォッチに送られてくる通知のチューンアップが可能となる。

 アプリは今のところ、フィットネス管理を取りまとめる機能や、細かい設定をする機能を有していない。現状では、初歩的なコンパニオンアプリといったレベルだ。

提供:Josh Miller/CNET
提供:Josh Miller/CNET

バッテリ持続時間:素晴らしいとは言えない

 筆者が試用したスマートウォッチのうちで、サムスンのGear Liveよりもバッテリ持続時間が短かった製品はないと記憶している。LGのG Watchは僅差でGear Liveに勝っている。なお、サムスンのスマートウォッチは300mAhのバッテリを、LGのG Watchは400mAhのバッテリを搭載している。朝に完全充電の状態にしておいても、翌朝まで持たない。たいていの場合、朝起きてみると文字盤が真っ黒になっており、バッテリは空になっていた。

 1日持つか持たないかというこのバッテリ持続時間は、すべての機能を有効化し、画面の輝度を高めに設定し、ほとんど常に画面表示をオンにしていた場合のものだ。Android Wearのデフォルト設定では、数秒間放置しておくと、スマートウォッチのディスプレイが白黒の低消費電力画面に切り替わるようになっている。文字盤は暗いベーシックなデザインとなり、通知も単なるテキストになる。しかし腕を持ち上げたり、画面をタップすると、フルカラーの明るい画面に戻る。これもバッテリの消耗原因になるのはもちろんだ。このような設定ではなく以前のGear製品のように、スマートウォッチを数秒間放置するとディスプレイが非表示となり、その後タップしたり、側面のボタンを押したり、画面を見るために腕を持ち上げて加速度計を動作させた際にディスプレイを再び表示させるという設定も可能だ。これにより、もう少しバッテリ持続時間を延ばせるとはいえ、常に動作している時計というAndroid Wearの特長が犠牲になってしまう。

 同梱されているACアダプタとドングルもいまひとつの出来となっている。サムスンは、Micro-USBケーブルが直接引き出された同社の標準ACアダプタを同梱したため、そのUSBケーブルをコンピュータに差し込み直して充電することができない(編集部注:日本向け製品ではACアダプタの代わりにUSBケーブルが同梱されている)。また、同梱されているドングルは、最近のGear製品(Gear 2やGear 2 Neo、Gear Fit)と同様にGear Liveの背面にはめ込むような形状になっているものの、小さく、はめ込みにくく、外れやすいため、平らな面に寝かせて充電するのではなく、Gear Liveを横向けにして充電する必要がある。LGのG Watchには、磁力で固定できる平らでずっと見栄えのよい充電ドックが用意されているため、机の上に置いた状態で充電できる。

提供:Josh Miller/CNET
提供:Josh Miller/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]