logo

LINE、閲覧履歴などから適切な広告メッセージ--セールスフォースと提携

井指啓吾 (編集部)2014年06月10日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは6月10日、米国セールスフォース・ドットコムとパートナーシップを締結したと発表した。LINE公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供する「LINE ビジネスコネクト」において、セールスフォースが提供するCRMサービスとの連携開発と販売で協力するとしている。

  • 「LINE ビジネスコネクト」

 LINE ビジネスコネクトは、従来のLINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対する最適化されたメッセージ送信や双方向コミュニケーションなどができるサービス。一方、セールスフォースのCRM「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」は、顧客データベースやウェブ閲覧履歴などのデータをもとにした適切なユーザーへの、メッセージ配信、コンテンツ表示のタイミングを一元管理できるサービスだ。

 今回のパートナーシップ締結により、Salesforce ExactTarget Marketing CloudがLINEへのメッセージ配信に対応する。これにより企業は、同CRMで管理するユーザーのLINEに適切なタイミングでメッセージを届けることが可能になる。同社によれば、たとえば自動車の販売業者であれば“試乗会の情報”などを配信できる。

 連携した同サービスの開発と提供は、本日時点で5100万人を超えるLINEユーザーを抱える日本から対応。世界各国や地域での展開も視野に入れる。なお両社は、互いの既存顧客企業と両サービスの導入検討企業に対し、両社サービスの連携によるシナジー効果を訴求することで新たな顧客獲得も図る考えだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]