logo

米海軍「P-8A Poseidon」--新型対潜哨戒機を写真で見る - 2/17

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年03月15日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Boeingは2014年2月末、既に納入済みの機体に加えて、16機のP-8A Poseidonを納入する24億ドルの契約を米海軍から受注した。これにより、Poseidonは低率生産から本格生産に移行する。新規契約によって、Boeingはこの新型航空機53機を米海軍に納入する義務が生じる。現在までに13機の納入を済ませた。Boeingによれば、米海軍は最終的に合計117機のP-8Aを購入する計画だという。

 P-8Aは商用機である「Boeing 737-800」をベースとしている。(同様に、旧型の「KC-135 Stratotanker」と「KC-10 Extender」の後継機である新型空中給油機「KC-46A Tanker」は、商用機の「Boeing 767」の設計がベースだ)。

 Boeingは2014年2月末、既に納入済みの機体に加えて、16機のP-8A Poseidonを納入する24億ドルの契約を米海軍から受注した。これにより、Poseidonは低率生産から本格生産に移行する。新規契約によって、Boeingはこの新型航空機53機を米海軍に納入する義務が生じる。現在までに13機の納入を済ませた。Boeingによれば、米海軍は最終的に合計117機のP-8Aを購入する計画だという。

 P-8Aは商用機である「Boeing 737-800」をベースとしている。(同様に、旧型の「KC-135 Stratotanker」と「KC-10 Extender」の後継機である新型空中給油機「KC-46A Tanker」は、商用機の「Boeing 767」の設計がベースだ)。

提供: US Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Eric A. Pastor

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]