logo

米海軍「P-8A Poseidon」--新型対潜哨戒機を写真で見る - 6/17

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年03月15日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米海軍の新しい哨戒偵察戦力には、ほかにもNorthrop Grummanの無人航空機「MQ-4C Triton」がある。米海軍はTriton(最終的に68機を導入予定)とPoseidonの両方を連携させて偵察任務に使う計画だ。ただし、このMQ-4Cの配備はまだ何カ月も先になる可能性が高い。2014年1月上旬の時点で、Northrop Grummanと米海軍はTritonのテスト飛行を9回実施している。

 Tritonは「Global Hawk」無人航空システムをベースとし、米海軍のBAMSプログラムを念頭に置いて開発されており、凍結防止システムや落雷防止システムを備えているほか、機体や翼の強化も行われている。Northrop Grummanは、「こうした機能によって、必要時には雲の層を抜けて降下し、海上の船舶などターゲットのより詳細な姿をとらえることができる。現在のセンサシステムは、船舶の速度や位置、分類についての情報を収集することで、船舶を長時間にわたり追跡することが可能だ」と述べている。

 米海軍の新しい哨戒偵察戦力には、ほかにもNorthrop Grummanの無人航空機「MQ-4C Triton」がある。米海軍はTriton(最終的に68機を導入予定)とPoseidonの両方を連携させて偵察任務に使う計画だ。ただし、このMQ-4Cの配備はまだ何カ月も先になる可能性が高い。2014年1月上旬の時点で、Northrop Grummanと米海軍はTritonのテスト飛行を9回実施している。

 Tritonは「Global Hawk」無人航空システムをベースとし、米海軍のBAMSプログラムを念頭に置いて開発されており、凍結防止システムや落雷防止システムを備えているほか、機体や翼の強化も行われている。Northrop Grummanは、「こうした機能によって、必要時には雲の層を抜けて降下し、海上の船舶などターゲットのより詳細な姿をとらえることができる。現在のセンサシステムは、船舶の速度や位置、分類についての情報を収集することで、船舶を長時間にわたり追跡することが可能だ」と述べている。

提供: Alan Radecki/Lockheed Martin

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]