logo

米海軍「P-8A Poseidon」--新型対潜哨戒機を写真で見る - 5/17

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年03月15日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ジェット機であるPoseidonは、プロペラ機である「P-3A Orion」の後継機だ。米海軍はP-3Aを1962年から(改良を加えながら)運用している。この写真には3機のOrionが写っており、前列左にある機体もOrionだが、前列右の機体はPoseidonだ。この2機の間にあるのは「BAMS」(Broad Area Maritime Surveillance、広域海上監視)と呼ばれる無人航空機である。BAMSについてはすぐ後で説明する。

 米海軍はP-8A Poseidonと並行して「P-3C Orion」の運用をしばらく継続し、段階的に交代を進めていく予定だ。

 ジェット機であるPoseidonは、プロペラ機である「P-3A Orion」の後継機だ。米海軍はP-3Aを1962年から(改良を加えながら)運用している。この写真には3機のOrionが写っており、前列左にある機体もOrionだが、前列右の機体はPoseidonだ。この2機の間にあるのは「BAMS」(Broad Area Maritime Surveillance、広域海上監視)と呼ばれる無人航空機である。BAMSについてはすぐ後で説明する。

 米海軍はP-8A Poseidonと並行して「P-3C Orion」の運用をしばらく継続し、段階的に交代を進めていく予定だ。

提供: US Navy photo by Chief Mass Communication Specialist William Lovelady

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]