logo

米海軍「P-8A Poseidon」--新型対潜哨戒機を写真で見る

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年03月15日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 さようなら「Orion」、こんにちは「Poseidon」。米海軍は、西太平洋海域の監視の重要性が急激に高まる中、新世代の対潜哨戒機「P-8A Poseidon」の配備を開始している。この写真のP-8A Poseidon「Nos 429」と「Nos 435」は、2013年12月に最初に作戦配備が開始された6機のうちの2機だ。この2機は、米海軍第16哨戒飛行隊(VP 16)に所属する。詳しく見ていこう。

 さようなら「Orion」、こんにちは「Poseidon」。米海軍は、西太平洋海域の監視の重要性が急激に高まる中、新世代の対潜哨戒機「P-8A Poseidon」の配備を開始している。この写真のP-8A Poseidon「Nos 429」と「Nos 435」は、2013年12月に最初に作戦配備が開始された6機のうちの2機だ。この2機は、米海軍第16哨戒飛行隊(VP 16)に所属する。詳しく見ていこう。

提供: US Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Kegan E. Kay

-PR-企画特集