成熟したFacebook、米国の10代が使う次なるSNSとは(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本でも、最近の調査で、10代の7割近くが「LINEがないと困る」と回答しているように、世界的に10代の間で利用が大きく伸びているのがモバイルアプリだ。前回は戦いの場はFacebookからモバイルメッセージングへ移っていることを説明した。中でも、セキュアなメッセージングサービスが人気を集めているようだ。

モバイルメッセージャーに求めるもの

Telegram
Telegram Messenger

 FacebookによるWhatsAppの買収が発表された3日後、WhatsAppのサーバが3時間半ダウンした。その後24時間で、TelegramとLINEが、それぞれ200万人のユーザーを新たに獲得したという。

 さらに、買収発表の5日後、アップルストアでのTelegram Messengerのダウンロード数は、3倍の1日80万~100万に達し、WhatsAppを抜いて第1位となった。50カ国ほどでダウンロード数が最多のiPhoneアプリとなり、ユーザー数は、さらに500万人増えたという。

 Telegramは、2013年夏に、ロシア最大のSNS、フコンタクチェ(Vkontakte)の創業者で「ロシアのザッカーバーグ」とも呼ばれるドゥーロフ氏によって、ベルリンで非営利で立ち上げられた英語のモバイルメッセンジャーだ。スノーデン元米諜報機関職員がロシア逃亡で世界を騒がせた際、同氏にTelegramでのセキュリティ担当職をもちかけたドゥーロフ氏だが、Telegramを立ち上げた理由はロシアの諜報機関が盗聴できない通信ツールを作りたかったからだという。

 Telegramのウリのひとつが「最強の暗号化」で、ハッカーらに「破れないはずがない」と挑まれたため、暗号化プロトコルを最初に破った人に20万ドルの賞金を提供するとし、2013年12月にプロトコルの脆弱性を指摘したロシア人に10万ドルが支払われた。

 さらに、設定時間後は送信した写真を自動的に削除できる機能が人気のSnapchatと同様、「秘密のチャット」機能ではチャットの記録を自動的に削除できる(設定可能時間2秒~1週間)。また、スマホだけでなく、タブレット、Windows、Linux、ChromeBookなど複数のデバイスでシンクロできる点も人気のようだ。

Facebookはプライバシー侵害の象徴?

Threema
Threema

 ユーザー数を増やしたのは、TelegramとLINEだけではない。WhatsAppのユーザーが3000万人いるドイツでも、スイスのスタートアップ、Threemaに移行するユーザーが増えた。WhatsAppの買収発表後、アップルストアの有料アプリランキングで1位となり、同社のユーザー数は倍増した。社員3人の同社ではユーザー急増の対応に苦慮したようだが、Telegramと同様、エンドツーエンドの暗号化を提供しているのが好まれたようだ。

 サーバ管理者ですら暗号化キーを持っておらず、ユーザーらのメッセージを見ることは不可能だという。メルケル首相の米諜報機関による通話盗聴事件が、独ユーザーの猜疑心に輪をかけたかもしれない。

 つまり、Facebookによる買収後にWhatsAppの競合のユーザー数が激増したのは、サーバがダウンしたからだけではなく、多くのユーザーにとって「Facebook=プライバシーの消失」を意味し、「Facebookが買ったWhatsAppなど使っていられない」ということなのだ。

 実際に、ネットのあちらこちらで「Facebookの過去のプライバシー侵害を見ていると、近い将来、携帯の番号は自動的にFacebookのアカウントに変更され、携帯写真は自動的に携帯Facebookアカウントに収められ、携帯のGPSで所在地は世界中に開示されることになるだろうね」という皮肉たっぷりの書き込みや、「Telegram Messengerをダウンロードしたところ。190億ドル払ったことをザッカーバーグに後悔させてやる」という憎しみを顕わにした書き込みも複数見られた。

 Facebookにとって、10代のユーザーが減ることより、こうしたイメージの方が問題だと思うのだが……。

有元美津世(ありもと みつよ)
大学卒業後、日米企業勤務を経て渡米。MBA取得後、独立。16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。現在は投資家。在米26年。
著書に『英文履歴書の書き方Ver.3.0』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』(ジャパンタイムズ)、『図解米国のソーシャルメディア・ビジネスのしくみ』(あさ出版)、『英語でもっとSNS! どんどん書き込む英語表現』(語研)、『英語でTwitter!』『プレゼンの英語』『面接の 英語』(ジャパンタイムズ)
英文履歴書の書き方Ver.3.0
米国ンソーシャルメディア・ビジネスのしくみ
英語でもっとSNS!どんどん書き込む英語表現
英語でソーシャルメディア!
Twitter

@getglobal(日本語) @TweetinEng(英語)

Google+ Page
・有元美津世  http://plusya.com/ArimotoMitsuyo(日本語)
・英語でソーシャル!  http://goo.gl/Zu0T6
Facebook Page
・有元美津世 http://facebook.com/Arimoto.Mitsuyo(日本語)
・英語でSNS http://facebook.com/EnglishforSocialMedia(英語)
Pinterest
http://pinterest.com/getglobal/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加