logo

「Shufoo!来店クーポン」を実証実験--チラシを見た人の来店がわかるO2Oサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷が運営する電子チラシポータルサイト「Shufoo!」は2月28日、位置連動型コンテンツ配信ソリューションを活用したO2Oサービス「Shufoo!来店クーポン」の実証実験を、イトーヨーカドー木場店で実施中であると発表した。実施期間は2月14日~20日および2月24日~3月2日。

 Shufoo!来店クーポンは、Shufoo!の電子チラシを通じて、店舗での電子クーポン配布の情報をユーザーへ告知し、実際に来店したユーザーのスマートフォンやタブレット端末に、ノベルティなどの特典と交換できる電子クーポンをBluetoothを介して配布するサービス。電子チラシを掲載するクライアントは、チラシの来店効果を確認できるほか、ユーザーにクーポンや来店ポイントなどのインセンティブを提供できる。

 今回の実証実験は、Shufoo!の電子チラシおよび「Shufoo!ミニチラ」の配信内容や告知タイミングを変化させることで、来店者数の変化を計測することを目的としたもの。

 Shufoo!では、今回の実証実験の結果をもとに、Shufoo!来店クーポンのサービス内容を開発し、7月より販売を開始するとしている。


「Shufoo!来店クーポン」の概要

-PR-企画特集