logo

「Macintosh」30周年--その誕生、試練、残したもの(後編) - (page 2)

Dan Farber (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jobs氏はMacintoshのターゲットを2500万人の「知識労働者」(デスクに座って情報を処理する人々)に設定していた。そのマーケティング活動の重要な部分を占めていたのは、Macintoshを大学に定着させ、未来の労働者にMacintoshのエバンジェリストになってもらうことだ。初期のMacintoshチームメンバーだったDan'l Lewin氏は、教育機関に直接販売を行うApple University Consortiumを創設していた。

 Lewin氏は次のように述べている。「24の主要な高等教育機関に協力を求め、Macintoshを導入して学生に提供し、教授陣にMacintosh向けカリキュラムを策定させてほしいと依頼した」。各大学はその後3年間にわたって、Apple製品を割引価格で200万ドル分以上購入し、教授陣と学生が使用することになっていた。

 しかし、大学向けの販売ではかなりの売り上げを記録したものの、1984年が終わるころには売れ行きが鈍り始めていた。Macintoshの12月の販売台数は1万台にも満たない。コンピュータがCuisinartの調理器具のような一般向けの存在になるには、数十年という時間がまだ必要だった。

 「Macintoshは一般の人々の想像力を刺激したと思う。しかし、Appleが期待していたほどの売り上げにはつながらなかった。そのことが、Steve JobsがMacに関する職務を縮小され、剥奪された理由の根幹にある。Macは素晴らしい製品で、問題はマーケティングにあったと彼は感じていたからだ」。「Lisa」アプリケーション部門を統括し、Macintoshの開発中に厳格なユーザーテストを行ったLarry Tesler氏はこのように述べた。

 「われわれは『Apple II』とLisaのマーケティングに時間と資金を投じていたが、それらは時間の無駄だった。彼らはLisaについては意見が一致していたが、Apple IIに関しては考えが異なっていた。非常に利幅の大きい売れ筋商品だったApple IIのマーケティングから資金を引き揚げて、当時のApple IIに比べると売り上げが大幅に少なかったMacに振り向けるという考えは、ビジネスとして非常に愚かな決定に思えた。人々に新しい製品を使ってもらうためには、自社の古い製品を犠牲にする必要があるとSteveは感じていた。保守的な経営陣はそうすることを望まなかった」(Tesler氏)

 また、発売の時点では、利用できるアプリケーションが非常に少なかった。「われわれは開発者に対して、インストールベースもツールもブランド認知もないコンピュータに社運を賭けることを求めていた。これを実現するために熱意や情熱を利用したが、お金は全く使わなかった。人々にMacの開発を始めてもらうことはさほど難しくなかったが、開発を完了してもらうとなると話は別だった。当時はツールが不足していたからだ」(Kawasaki氏)

デスクトップパブリッシングに救われる

 Macintoshには、アプリケーション数が不十分で、保存目的の複雑なディスク差し替え作業が負担になっているパワー不足のおもちゃという評判があったが、徐々にそれを乗り越えていった。

 LaserWriterプリンタとネットワーク接続されたMacintosh
LaserWriterプリンタとネットワーク接続されたMacintosh
提供:Apple

 Appleは1985年3月、Macintoshにとって豊かなニッチ市場を開拓し、Macintoshは向上した性能を存分に発揮した。MacintoshのグラフィカルインターフェースとAppleの「LaserWriter」、「AppleTalk」ネットワーキング、Aldusの「Pagemaker」ソフトウェアの組み合わせは、デスクトップパブリッシング革命の到来を告げた。

 7000ドルのプリンタとMacintosh 128Kの組み合わせは短期的に見ると意味を成さないが、長期的に見れば、まさに天才的な考えだったとJohn Scull氏は言う。Scull氏は、AppleでLaserWriterを事業化する取り組みを主導していた人物だ。1988年までに、デスクトップパブリッシングはAppleの10億ドル規模の事業になった。

 Macintoshは、第3の業界標準となったが、IBM PCとして誕生した後のMicrosoft PCに打ち勝つことはできなかった。
Macintoshは、第3の業界標準となったが、IBM PCとして誕生した後のMicrosoft PCに打ち勝つことはできなかった。
提供:Horace Dediu/Asymco

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]