2014年期待の製品--うわさのデバイスや見えてきたトレンド - 24/25

John P. Falcone (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月23日 07時30分
 「真の」Apple TV、つまりAppleの次世代のコンテンツエンジンとインターフェースを搭載したフラットスクリーンHDTVに関するうわさは、2013年に徐々に下火になっていったようだ。その一方で、既存のApple TVボックスにとって、2013年は良い1年だった。HBO Go、ESPN、ABC、Disney、Sky Newsなど、新しいアプリがApple TVボックスに米国では多数追加された。それが2014年にどのような意味を持つのかは分からないが、(いくつか例を挙げるだけでも)Roku、Google、サムスン、ソニー、Microsoft、Amazonなどがすべて独自のストリーミングビデオの提供に野心を燃やしていることを考慮すると、Apple TVに何らかのアップデートが提供される必然性は高まっていると考えていいだろう。

 「真の」Apple TV、つまりAppleの次世代のコンテンツエンジンとインターフェースを搭載したフラットスクリーンHDTVに関するうわさは、2013年に徐々に下火になっていったようだ。その一方で、既存のApple TVボックスにとって、2013年は良い1年だった。HBO Go、ESPN、ABC、Disney、Sky Newsなど、新しいアプリがApple TVボックスに米国では多数追加された。それが2014年にどのような意味を持つのかは分からないが、(いくつか例を挙げるだけでも)Roku、Google、サムスン、ソニー、Microsoft、Amazonなどがすべて独自のストリーミングビデオの提供に野心を燃やしていることを考慮すると、Apple TVに何らかのアップデートが提供される必然性は高まっていると考えていいだろう。

提供: Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]