2014年期待の製品--うわさのデバイスや見えてきたトレンド - 8/25

John P. Falcone (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月23日 07時30分
 Googleが最初に「ウェアラブルテクノロジ」という新分野に進出したときには、さまざまな反応があった。誰もがその潜在的な可能性に興奮を覚えたが、実際には何の役にも立たないと感じた人が多かった。もちろん、Googleのこれまでのやり方に倣って、その製品も実際はベータ製品だった。カメラを搭載した同社のワイヤレスアイウェア「Google Glass」は、小売りはされず、「Explorer」という選ばれたグループだけに提供された。それは、1600ドルもの大金を惜しげもなく払う人々だ。しかし、この数カ月間でさらに多くの機能とアプリが追加されており(謎に満ちたGoogleのはしけは、Google Glassを中心に据えたショールームかもしれないというニュースもあった)、2014年には、よりコンシューマー向けのGlass製品が登場しそうだ。

関連記事:「Google Glass」--実際に使ってみて感じたこと

 Googleが最初に「ウェアラブルテクノロジ」という新分野に進出したときには、さまざまな反応があった。誰もがその潜在的な可能性に興奮を覚えたが、実際には何の役にも立たないと感じた人が多かった。もちろん、Googleのこれまでのやり方に倣って、その製品も実際はベータ製品だった。カメラを搭載した同社のワイヤレスアイウェア「Google Glass」は、小売りはされず、「Explorer」という選ばれたグループだけに提供された。それは、1600ドルもの大金を惜しげもなく払う人々だ。しかし、この数カ月間でさらに多くの機能とアプリが追加されており(謎に満ちたGoogleのはしけは、Google Glassを中心に据えたショールームかもしれないというニュースもあった)、2014年には、よりコンシューマー向けのGlass製品が登場しそうだ。

関連記事:「Google Glass」--実際に使ってみて感じたこと

提供: Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]