logo

2014年に登場予定の新製品や新サービス--宇宙旅行からハイテクスポーツウェアまで

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 テクノロジの進歩に加えて、適切な資金提供、新たな市場、そしてタイミングの良さもあって、2014年は、数年前には未来学者かSF小説の作者にしか想像できなかった新しい製品やサービスの当たり年になるだろう。

 とびきり素晴らしい例が1つある。宇宙旅行だ。

 夢のような話だ。宇宙に行くために厳しい訓練を何年も積まなくてもいいし、米航空宇宙局(NASA)のような国の宇宙機関の職員でなくてもいいのだから。さらには、誰かが立てた目標のために働く必要はなく、自分自身の好きなことができる。

 しかし2014年には、その夢のような考えが現実となる。世界初の宇宙旅行会社であるVirgin Galacticが請求する、25万ドルという料金を支払える人にとってだけだが。

 実のところ、Richard Branson氏が経営するVirgin Galacticは2014年に、ニューメキシコ州に完成したばかりのスペースポートアメリカから初飛行を行う計画だ。乗客は月に行ったり小惑星を訪ねたりするわけではないが、地球大気圏の外に到達することになる。

 宇宙飛行が始まると、乗客が搭乗した「SpaceShip Two」を、まずVirgin Galacticの輸送機「WhiteKnight Two」で運ぶという方法で、乗客を宇宙に連れて行くことになる。

 この写真ギャラリーでは、2014年に話題になりそうな、さらに多くの未来的テクノロジを紹介する。
Scroll Right Scroll Left

 テクノロジの進歩に加えて、適切な資金提供、新たな市場、そしてタイミングの良さもあって、2014年は、数年前には未来学者かSF小説の作者にしか想像できなかった新しい製品やサービスの当たり年になるだろう。

 とびきり素晴らしい例が1つある。宇宙旅行だ。

 夢のような話だ。宇宙に行くために厳しい訓練を何年も積まなくてもいいし、米航空宇宙局(NASA)のような国の宇宙機関の職員でなくてもいいのだから。さらには、誰かが立てた目標のために働く必要はなく、自分自身の好きなことができる。

 しかし2014年には、その夢のような考えが現実となる。世界初の宇宙旅行会社であるVirgin Galacticが請求する、25万ドルという料金を支払える人にとってだけだが。

 実のところ、Richard Branson氏が経営するVirgin Galacticは2014年に、ニューメキシコ州に完成したばかりのスペースポートアメリカから初飛行を行う計画だ。乗客は月に行ったり小惑星を訪ねたりするわけではないが、地球大気圏の外に到達することになる。

 宇宙飛行が始まると、乗客が搭乗した「SpaceShip Two」を、まずVirgin Galacticの輸送機「WhiteKnight Two」で運ぶという方法で、乗客を宇宙に連れて行くことになる。

 この写真ギャラリーでは、2014年に話題になりそうな、さらに多くの未来的テクノロジを紹介する。

提供: Mark Greenberg/Virgin Galactic

-PR-企画特集