logo

超新星、銀河、ブラックホール--「Chandra」X線観測衛星が撮影した宇宙 - 5/8

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月07日 07時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 銀河系内での大質量星の爆発によって生まれたのが、超新星「G266.2-1.2」だ。地球から約2400光年の位置にある。
Scroll Right Scroll Left

 銀河系内での大質量星の爆発によって生まれたのが、超新星「G266.2-1.2」だ。地球から約2400光年の位置にある。

提供: NASA's Chandra X-ray Observatory

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]