logo

超新星、銀河、ブラックホール--「Chandra」X線観測衛星が撮影した宇宙 - 4/8

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月07日 07時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 天文学者らは「3C 397」の箱のような外観に困惑している。銀河の超新星残骸である3C 397が、明らかに変わった形をしているからだ。研究者はその形について、爆発した恒星の高温の残骸が、周囲の低温のガスと衝突したときに生じた現象に大いに関係があると考えている。
Scroll Right Scroll Left

 天文学者らは「3C 397」の箱のような外観に困惑している。銀河の超新星残骸である3C 397が、明らかに変わった形をしているからだ。研究者はその形について、爆発した恒星の高温の残骸が、周囲の低温のガスと衝突したときに生じた現象に大いに関係があると考えている。

提供: Chandra X-Ray Observatory/ NASA/CXC/Univ of Manitoba/S.Safi-Harb et al

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]