logo

超新星、銀河、ブラックホール--「Chandra」X線観測衛星が撮影した宇宙 - 6/8

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月07日 07時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 冗談だが、この画像を誰かへのロールシャッハテストに使ったら良いのではないか。それまでは、「象の鼻星雲」という正式なニックネームでも知られる「1396A」は、地球から約2800光年離れたところで若い大質量星からの放射と風が低温のガスの雲と衝突したことで誕生したといえば十分だろう。
Scroll Right Scroll Left

 冗談だが、この画像を誰かへのロールシャッハテストに使ったら良いのではないか。それまでは、「象の鼻星雲」という正式なニックネームでも知られる「1396A」は、地球から約2800光年離れたところで若い大質量星からの放射と風が低温のガスの雲と衝突したことで誕生したといえば十分だろう。

提供: Chandra X-Ray Observatory/NASA/CXC/PSU/Getman et al, Optical: DSS, Infrared: NASA/JPL-Caltech

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]