logo

超新星、銀河、ブラックホール--「Chandra」X線観測衛星が撮影した宇宙

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月07日 07時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この写真に写っているのは、驚くほど美しい超新星残骸の「カシオペア座A」だ。赤は低エネルギーX線、緑は中エネルギーX線、青は高エネルギーX線を表している。

 この詳細なレベルの3次元画像は、米航空宇宙局(NASA)の「Chandra」X線観測衛星とスミソニアン協会の共同の取り組みによって実現した。Chandra X線観測衛星、「Spitzer」宇宙望遠鏡、そして地上の観測装置によって得られたデータを組み合わせたものだ。

 また、Chandra X線観測衛星は数多くの素晴らしい天文写真を撮影して保管しており、現在そのアーカイブから未公開画像を公開している。このフォトレポートではそれらの写真を紹介していく。
Scroll Right Scroll Left

 この写真に写っているのは、驚くほど美しい超新星残骸の「カシオペア座A」だ。赤は低エネルギーX線、緑は中エネルギーX線、青は高エネルギーX線を表している。

 この詳細なレベルの3次元画像は、米航空宇宙局(NASA)の「Chandra」X線観測衛星とスミソニアン協会の共同の取り組みによって実現した。Chandra X線観測衛星、「Spitzer」宇宙望遠鏡、そして地上の観測装置によって得られたデータを組み合わせたものだ。

 また、Chandra X線観測衛星は数多くの素晴らしい天文写真を撮影して保管しており、現在そのアーカイブから未公開画像を公開している。このフォトレポートではそれらの写真を紹介していく。

提供: NASA/CXC/SAO

-PR-企画特集