logo

ノキア株主、マイクロソフトへの携帯電話部門売却を承認

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月20日 08時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokia株主は、Devices & Services部門のMicrosoftへの売却を賛成大多数で承認した。

 フィンランドを拠点とするNokiaは、現地時間11月19日に開催された株主総会に先立ち、総会前に投票を済ませた株主の99.7%が売却を承認したことを発表したとThe Financial Times(FT)が報じている。これらの株主で投票総数の5分の4を占めるため、総会で実施される実際の投票は形式的なものとなる。

 Microsoftは2013年9月、NokiaのDevices & Services部門を72億ドルで買収する計画を発表した。Microsoftは、Nokiaの携帯電話部門の「実質上すべて」に対して50億ドルを支払い、同社特許のライセンスに対して残りの22億ドルを支払う予定である。買収が承認されれば、Nokiaの最高経営責任者(CEO)を退任済みのStephen Elop氏がMicrosoftのデバイス事業を統括する予定である。

 Nokiaの株主らによる承認は得たが、両社が取引を完了させるためには、規制当局の承認を得る必要がある。

MicrosoftのCEOであるSteve Ballmer氏(左)とStephen Elop氏
MicrosoftのCEOであるSteve Ballmer氏(左)とStephen Elop氏
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集