logo

米海軍ズムウォルト級ミサイル駆逐艦--新技術満載の船体を写真で見る - 2/8

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年11月14日 15時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 外観を撮影したこの写真では、タンブルホーム型船殻の設計がよく分かる。一方で内部についていえば、Zumwalt級ミサイル駆逐艦にはRaytheonが開発した最先端のOSである「Total Ship Computing Environment(TSCE)」が搭載されている。

 TSCEは米海軍のオープンアーキテクチャ戦略を初めて大規模に導入したものだ。それはZumwaltの船内システムすべてを1つにまとめることで、Arleigh Burke級ミサイル駆逐艦と比較して人員を大幅に削減することを目的としている(標準乗組員数130人、海軍航空分遣隊員28人)。

 Raytheonによると、このシステムのオープンアーキテクチャ設計は米海軍の全艦船の共通化を実現するものであり、これによって今後、システムのアップデートや改良がこれまでより簡単に行えるようになるという。
Scroll Right Scroll Left

 外観を撮影したこの写真では、タンブルホーム型船殻の設計がよく分かる。一方で内部についていえば、Zumwalt級ミサイル駆逐艦にはRaytheonが開発した最先端のOSである「Total Ship Computing Environment(TSCE)」が搭載されている。

 TSCEは米海軍のオープンアーキテクチャ戦略を初めて大規模に導入したものだ。それはZumwaltの船内システムすべてを1つにまとめることで、Arleigh Burke級ミサイル駆逐艦と比較して人員を大幅に削減することを目的としている(標準乗組員数130人、海軍航空分遣隊員28人)。

 Raytheonによると、このシステムのオープンアーキテクチャ設計は米海軍の全艦船の共通化を実現するものであり、これによって今後、システムのアップデートや改良がこれまでより簡単に行えるようになるという。

提供: US Navy/General Dynamics Bath Iron Works

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]