logo

自立したアーティスト活動の進め方講座 - (page 3)

矢野悠貴(ループス・コミュニケーションズ)2013年11月05日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2) 自立したアーティストに雇用されるスタッフ

 アーティスト活動に必要な機能の一部は、専門的に提供するエージェンシーとの契約によって、また、また別の一部は、ファンも含めた不特定多数の個人から提供される。こうした形が実現されることで、アーティストとスタッフとの関係性は変わっていく。これまで、レーベルやプロダクションに“所属”していたアーティストに対して、“担当”のスタッフがついていたが、アーティストが特定の業務に関して自らスタッフと契約を行っていくようになると、両者の関係性はビジネスパートナーという色を強めていく。

 当然、アーティスト自身には “自立”が求められる。アーティストには投資期間が必要と成るが、レーベルやプロダクションに所属することで得られた“投資”は自ら調達する必要がある。より優秀なエージェントと契約をするためにも、それだけの収益が見込めるレベルになるまでは自らステップアップしなければいけない状況となる。 だからこそ、セルフブランディング、継続的なコミュニケーション、コミュニティの形成などを通じて、自身の価値を上げていかなければいけない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]