「OS X Mavericks」の第一印象--使いやすく高速になった新OS - (page 3)

Jason Parker (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月28日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大きな改良点の1つが、ブックマークを手近なところに表示できる新しいサイドバーだ。さらに、サイドバーの上部にあるタブを使えば、「Reading List」や、別の新機能である「Shared Links」を表示できる。Shared Linksは、TwitterやLinkedInでフォローしている人々からの最新のリンクを表示する機能だ。新しいウェブサイトやほかの面白いコンテンツを、TwitterユーザーやLinkedInユーザーを通じて発見するという、新たな選択肢となる。

 興味深いインターフェースの変更が行われた機能の1つが「Top Sites」画面で、新しいフラットな外観になった。Mavericksでは、ドラッグでTop Sitesの配置を変更できる。さらに、ブックマークをすぐに使えるようにしたければ、サイドバーからTop Sitesにドラッグして移動させることも可能だ。

新しいサイドバーは、左側にあるブックマーク移動しながら、右側にあるウェブサイトを閲覧する場合、非常に便利だ。
新しいサイドバーは、左側にあるブックマーク移動しながら、右側にあるウェブサイトを閲覧する場合、非常に便利だ。
提供:Screenshot by Jason Parker/CNET

Calendar

 「Calendar」アプリはMavericksでデザインが一新された。Facebookのイベントを表示するFacebook統合機能に加えて、パーティーやミーティング、場所についてより多くの情報が得られる「Event Inspector」が追加されている。

 イベントにマウスオーバーするとEvent Inspectorが立ち上がり、Mapsが提供する交通情報を考慮したイベントまでの所要時間や、イベント開催地の現在の天候などの便利な情報が表示される。ウィンドウ内の地図をクリックするとApple Mapsが起動するので、3Dビューの利用、地図のオーバーレイの切り替え、経路の確認など、便利な操作を行うことができる。

 インターフェースも調整され、日、週、月の表示をなめらかに連続してスクロールできるようになった。また、MacBookのトラックパッドを使って非常にうまく操作できた。

Calendarアプリ上で項目(例えば、異なる場所でのミーティング)をクリックするとEvent Inspectorが立ち上がり、到達所要時間、そして、道案内が必要な場合には地図が表示される。
Calendarアプリ上で項目(例えば、異なる場所でのミーティング)をクリックするとEvent Inspectorが立ち上がり、到達所要時間、そして、道案内が必要な場合には地図が表示される。
提供:Screenshot by Jason Parker/CNET

Notifications

 「Notifications」システムもいくつか変更が行われている。NotificationsはMavericksでよりインタラクティブになっており、メッセージや電子メール、「FaceTime」のビデオ通話を受信したときには、Notificationsウィンドウ内で返信やFaceTimeの起動を直接行うことができる。

 また、Safariを起動していないときでも、ESPNによる最新の試合結果や、CNET.comの最新ニュース記事などのウェブサイトの最新情報を、Notifications経由で受け取ることも可能だ。

 スリープモードになっていたMacを再開する際、スクリーンをアンロックする前に、不在の間に受け取っていた通知すべてを短い要約の形で確認することができる。例えば、6件のメッセージがあったことをまとめて伝えたり、不在の間に受信した電子メールの数を表示したりするということだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]