米国の「iPhone」購入者、20%が「Android」から乗り換え--CIRP調査結果

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年08月20日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市場調査会社Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)が実施した調査結果を見る限り、Appleは他社の携帯プラットフォームから顧客をうまく乗り換えさせているようだ。

 Fortuneが米国時間8月19日に報じたCIRPの調査によると、米国で2012年7月から2013年6月の間にAppleの「iPhone」を購入した人のうち、20%が「Android」端末からの乗り換えだったという。さらに詳しく見てみると、サムスンのスマートフォン購入者のうち、iPhoneから乗り換えたのはわずか7%だった。

 プラットフォームを変更したユーザーの中で、サムスンからAppleに乗り換えた顧客(33%)とAppleからサムスンに乗り換えた顧客(11%)では3倍の差があった。iPhoneの全購入者のうち、42%が旧モデルからのアップグレードだ。

 サムスンについては、初めてスマートフォンを購入するユーザーと他のAndroidベンダーからの乗り換えユーザーをうまく獲得していることも分かった。フィーチャーフォンから買い替えたスマートフォン購入者は、Apple製品の購入者のうち26%だけだったのに対し、サムスン製品の購入者では37%を占めた。

 さらに、サムスン製品購入者の43%はその前からAndroid端末を所有していたが、それがすべてサムスン製のモデルだったという訳ではない。サムスンはHTC、Motorola、Nokiaなどからの乗り換えユーザーが多く、AppleはBlackBerryからの乗り換えユーザーが多い。

 CIRPは2012年7月から2013年6月にかけて、米国のスマートフォン購入者に関する調査を四半期ごとに4回実施してデータを集計した。各調査は、調査日の90日前から調査日までの間に携帯電話を購入した500人を対象にしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加