「Xbox One」と「PlayStation 4」を徹底比較--仕様や機能の詳細から中古対応などポリシーまで - (page 6)

Eric Franklin (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年06月24日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

価格

 Xbox Oneは米国で11月に499ドルで発売され、PS4は北米で今年末に399ドルで発売される。どちらもハードディスクの容量は500Gバイトであることを考えると、この価格差はかなり大きい。

 スペックを比較するとPS4の方が優秀なように見えるが、Xbox OneにKinectセンサーが同梱されていることを考慮に入れる必要がある。だが、もしKinectをそれほど評価していないのであれば、価格だけで比べれば判断はそれほど難しくないだろう。

 後方互換性については、Microsoftは完全に否定しており、ソニーは発売直後ではないが、2014年にはクラウドゲームサービスの提供を開始する予定だと述べている。これによって、PS4ユーザーは、「一部」の「評価の高かった」PS3のゲームにアクセスできるようになる。これは本物の後方互換性とは言えないが、なにも提供しないMicrosoftよりはましだ。

中古ゲームと常時接続

 Microsoftの先ごろの決定により、Xbox Oneでゲームをプレーするのに定期的なオンラインチェックインは不要になる。しかし、Microsoftは、Xbox Oneの初期設定時に1度接続を要求されると述べている。

 ソニーはE3において、PS4もゲームをプレーするのにインターネット接続は不要となると発表していたが、初期設定で接続が必要になるのかについてはコメントしていない。

 つまり、いずれのシステムのユーザーもインターネット接続なしで好きなだけゲームをプレーすることができるようになる。しかし、「The Division」「Titanfall」「Destiny」などインターネットの機能に深く関わり、マルチプレイのみに対応しているタイトルは多数あり、これらコンソール上での評価の高いエクスペリエンスの多くは、少なくともインターネット接続での利用が適しているだろう。

 ソニーもMicrosoftも、ゲームの貸与や下取り、レンタル、販売など、PS3やXbox 360のゲームで現在可能なことは制限しない予定だ。しかしサードパーティーのメーカーはこれらのことを制限するか選択することができる。

最後に

 すべての詳細が明らかになったわけではないが、これまでに分かったことは(少なくとも35年間にわたってゲームをプレイし続けている筆者にとっては)非常に刺激的だった。

 筆者は2013年、この2つの素晴らしいシステムが発売されるのを楽しみに待っている。がっかりさせられなければいいのだが。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]