「Xbox One」と「PlayStation 4」を徹底比較--仕様や機能の詳細から中古対応などポリシーまで

Eric Franklin (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年06月24日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(編集部注:この記事は、5月22日に公開された「「Xbox One」と「PlayStation 4」、仕様を比較」に未翻訳部分を追加し、一部を編集して公開しています)

 「Xbox One」と「PlayStation 4」(PS4)が北米で発売されるまでには、まだ数カ月もあるが、激しい戦いはすでに始まっている。

 Microsoftは確実により強力な独占タイトルを用意したが、ソニーはPS4ゲームの売買に制約がないことや、100ドル安い価格を明らかにした。これによって、ソニーはMicrosoftブランドをたたきのめしただけでなく、追い打ちをかけて何本か歯をたたき折った格好だ。

今回の次世代ゲーム機の発売は、史上もっともエキサイティングで、かつ暴力的なぶつかり合いになるかもしれない。筆者は、自分がどちらかの立場にいないのを感謝しながら、リングサイドからこの戦いを眺めるのを待ちきれない。

ハードウェア

 Xbox OneとPlayStation 4はどちらも似たチップを使っているが、いくつかの重要な点で異なる。

 Digital Foundryの詳細な分析によれば、2つのシステムの最大の違いは、使用しているRAMにある。PlayStation 4は8GバイトのGDDR5 RAMを使用するのに対し、Xbox Oneは8GバイトのGDDR3 RAMを使用するようだ。PlayStation 4で使われるGDDR5 RAMは、ほとんどのPC用ビデオカードで使われるのと同じ種類のRAMであり、グラフィックのスループットを向上させるために最適化されている。

提供:ソニー
PlayStation 4の「Killzone: Shadow Fall」はもっとも表現が印象的なゲームの1つだ。
提供:ソニー

 Digital FoundryのRechard Leadbetter氏は、PS4のGPUは、Xbox Oneと比べて純粋なグラフィックス処理のパワーで最大50%強力なものになる可能性があると推測している。これがより高速なグラフィックス用メモリと組み合わせられると、PS4の方が美しいゲームをプレイできる可能性が高いかもしれない。

 Microsoftとソニーのプレスカンファレンスで披露されたデモからは、どちらのシステムの方がより印象的なリアルタイムグラフィックスを実現していたかは断言できない。PS4の「FINAL FANTASY XV」(「FINAL FANTASY Versus XIII」と言うべきか?)と「The Order」は、どちらも信じられないほど印象的なリアルタイムムービーを実現していた。

 Microsoftのプレスカンファレンスで見た、Xbox Oneのどのゲームよりも上だったようにも見えたが、ゲームを実際にプレイしておらず、巨大な(しかし十分な巨大さではない)スクリーンを何百フィートも離れたところから見ただけでは、判断するのは困難だ。

Xbox One PlayStation 4
価格 未定 未定
発売 2013年 2013年ホリデーシーズン
Blu-ray あり あり
ハードドライブ 内蔵(500Gバイト) 内蔵(大容量)
モーションコントロール 新しい「Kinect」(同梱) 「Move」コントローラ
CPU 8コア x86 AMD 8コア x86 AMD
RAM 8Gバイト 8Gバイト GDDR5
USB 3.0 あり あり
無線 あり(802.11n w/Wi-Fi Direct) あり(802.11n)
ギガビットイーサネット あり あり
HDMI あり(入力/出力) あり
ゲームの一時停止/再開サポート あり あり
バックグラウンドでのダウンロード あり あり
ネイティブのゲームプレー共有(動画) あり あり
リアルタイムのゲームプレーストリーミング あり(Twitch) あり(Ustream)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加