Twitter、高速なデータ分析を実現する技術を買収

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年05月10日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、2年前に創設された新興企業Ubaloが開発した技術を買収した。Ubaloの専門は、テクニカルコンピューティングをエンジニアや科学者にとってより利用しやすいものにすることだ。

 共同でUbaloを創設したJacob Mattingley氏とIan Downes氏は、米国時間5月9日に同社のウェブサイトに掲載されたお知らせの中で次のように述べている。「大規模コンピューティングを技術者にとってもっと簡単で利用しやすいものにすることを目指して、私たちは2011年初頭にUbaloを創設した。数日前、Twitterは当社の技術を買収することに同意し、私たちはTwitter社員の仲間入りをすることに同意した」

 Twitterの広報担当者は、コメントすることや買収条件を明かすことを控えたが、Twitterエンジニアリングチームのツイートでは、Ubaloのスタッフがチームに加わることを認めている。

 Ubaloのウェブサイトに掲載されたケーススタディによると、同社はクライアントが複雑なデータ収集および分析業務を迅速化するのを支援したという。Twitterに関連した2つの例として、Twitterの検索結果に対して高速な自然言語処理を行った事例と、19.6秒で2万5000件のツイートを並行してセンチメンタル分析した事例が紹介されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加