Hulu流SNS活用術--会話から見えてくるユーザーの要望 - (page 2)

加納恵 (編集部)2013年04月26日 15時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSはドラマや映画ファンのコミュニケーションの場

--運用状況について教えていただけますか。

  • Facebook「Hulu Japan」

 ソーシャルメディアでは配信中のコンテンツ紹介をメインにしています。FacebookとTwitterでは、お客様の反応が異なるので、それぞれに向けて独自の投稿も用意しています。

 Facebookでは、コンテンツの紹介に加え、Huluのカルチャーを紹介する投稿もしているのですが、共感を呼ぶ投稿には「いいね!」をしていただけるケースが多いですね。特に社内の様子を投稿すると反応が良いので、みなさんに興味を持っていただいているようです。

 一方Twitterは、ドラマや映画のファンの方とコミュニケーションを取りながら投稿しています。例えば、現在配信中の人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」は、週1回新エピソードを追加しているので「今日から見られます」と投稿すると、そのタイミングでTwitter上でファンのみなさんが喜んでくださって、投稿に対して反応してくだっています。

  • Facebookでは社内の様子を投稿すると人気が高いという。こちらは2万「いいね」を獲得した際のもの

 そのほかのコンテンツでも「◯◯の配信が開始されました」と投稿すると、主人公の名前や、ドラマに出てくるおなじみのセリフを返信してくれる方もいらっしゃって、そうしたやり取りをしながら投稿させていただいています。

 投稿回数はFacebookは一般的に言われる日1回の投稿を目安に、多くても2回に抑えるようにしています。逆にTwitterは賞味期限が5分程度と言われていますので、同じ内容を1日のうちの2回投稿することもあります。みなさんの生活習慣の中で、Twitterを見る時間帯はある程度限られてくると思うので、通勤途中で見る方に向けて朝投稿した内容を、お昼休みに見られる方用に昼に再投稿するケースもあり、時間帯を変えて同じ情報を出すようにしています。

 また、映画やドラマのエンターテイメント情報を投稿することも多いですね。俳優や監督の来日や映画の公開など、映画・ドラマファンの方々が興味を持っていることに合わせた紹介をして、コンテンツのファンの方たちともコミュニケーションできるようにしていきたいと思っています。ソーシャルメディアは、Hulu会員の方とのコミュニケーショの場であることはもちろんですが、まだHuluに入会していない方、興味を持って頂いてる方との接点にもしていきたいです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]