サムスン「GALAXY S4」の第一印象--大画面、アイトラッキング技術搭載 - (page 4)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年03月28日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Air View」とジェスチャー

 GALAXY S4は視線による操作が可能であるものの、ほとんどのジェスチャーは指先を使って行うようになっている。「Air View」は、GALAXY Note IIや「GALAXY Note 10.1」といったタブレットから引き継がれた機能であるが、GALAXY S4ではスタイラスの代わりに指をかざして操作できるようになっている。

提供:Sarah Tew/CNET
カメラの前にかざした手を振るだけでGALAXY S4を操作できる。
提供:Sarah Tew/CNET

 空中で指を動かすだけで、フォトギャラリー内にある動画や画像をプレビューしたり、ブラウザタブのサムネイルを眺めたり、動画中から特定のタイムラインを見つけたり、電子メールをチェックしたりできるようになる。また、カレンダー上の予定を拡大したり、スピードダイヤルに割り当てられている通話先を表示させることもできる。さらに「Flipboard」アプリは、Air Viewと連携できるようカスタマイズされている。これによってタイルに指をかざすだけで、該当記事がプレビューできるようになる。

 指先をかざす以外に、手全体を画面(とカメラ)の前で振ったりワイプしたりしてナビゲートすることもできる。こういったジェスチャーを有効にすれば、例えば手のひらを激しく動かしてかかってきた電話を受けたり、プレイリスト中の楽曲を切り替えられるようになる。また、ゆっくり横方向に手を動かせばギャラリー内の次の写真を表示できる、あるいはブラウザタブ間を移動できる。さらに、リストのスクロールも可能である。

 この機能は筆者が試した際には少し調子が悪く、スムーズには動作しなかったものの、使うことはできた。また、アイトラッキングの場合と同様に、反応が返ってくるまでに0.5秒程度待つ必要があった。

カメラと動画

 GALAXY S4では13メガピクセルでの写真撮影が可能であるとうたわれている。その程度では驚かないという人でも、今回のインターフェースの刷新と機能の拡張には目を見張るはずだ。そのなかで最も話題になっている機能はおそらく、デュアルショットモードだろう。この機能を用いれば、前面カメラと背面カメラで同時に写真や動画の撮影を行い、それらを1つのフレームに入れて記録できるようになる。

 つまり、メインの背面カメラで撮影した画像を背景にし、その中に前面カメラで撮影した画像を埋め込めるようになるわけだ。また、埋め込む画像の枠のサイズや形状(郵便切手や長円、ただの四角い枠など)の変更も可能になっている。さらに、これら2つのカメラの役割を逆にし、前面カメラで撮影した画像を背景にし、その中に背面カメラで撮影した画像を埋め込むこともできる。サムスンがこういった機能を用意したのは、他の多くの機能と同様に、「できないよりは、できる方が良いだろう」という理由からだろう。

提供:Sarah Tew/CNET
カメラのインターフェースは、GALAXY S4に搭載されているディスプレイの能力を存分に引き出すものとなっている。
提供:Sarah Tew/CNET

 さらにGALAXY S4には、画像とともに9秒までの音声を録音できる「Sound & Shot」という機能(「HTC Zoe」モードを思い起こさせる)や、バースト撮影モードで撮影したすべてのイメージを1枚の合成写真にまとめあげる「Drama Shot」といった機能も搭載されている。例えば、人がジャンプしているシーンを撮影すると、1枚の写真内にジャンプする過程すべてが写し込まれるわけだ(なお、「HTC One」にもこの機能は搭載されている)。

 また、動画中から1枚の静止画を抜き出し、その一部をアニメーション化する(GIFファイルを作成する)「Cinema Photo」という機能や、写ってほしくない人物を消去して写真を撮る「Eraser」モードも用意されている。サムスンのチームと筆者はデモ機を使ってこの機能を5~6回試してみたが、正式発売前のソフトウェアに残っているバグのせいか、うまく機能しなかった。

 また、友人たちの写真を1枚のアルバムにまとめる「Story Album」という機能も用意されている。さらに、「Trip Advisor」との統合によってロケーションに基づく多くの詳細を追加したり、自己出版プラットフォームのBlurbを利用してアルバムを印刷することもできる。

提供:Sarah Tew/CNET
GALAXY S4のデュアルショットモードを使えば、前面カメラと背面カメラで撮影した写真や動画を1つのフレーム内に合成できるようになる。
提供:Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]