「Android」に挑む新モバイルOS「Tizen」を写真でチェック

Luke Westaway (CNET UK) 翻訳校正: 編集部2013年02月27日 12時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペイン、バルセロナ発--サムスン電子とIntelが開発に導いた新たなモバイルOS「Tizen」が、Mobile World Congressのイベントで華やかにデビューした。

 同OSは、「Android」の優勢に取って代わる可能性があるものとして見られており、手を加えることのできる、よりオープンなOSに対する通信事業者からの需要によっても一部後押しされてきた。

 主要2社のほか、他のパートナー企業にとっても記念すべき日となった。こうした企業には、Tizen Associationの運営委員会に参加予定のHuawei(ファーウェイ)や欧州の無線通信事業者Orangeが含まれる。OrangeはサムスンとファーウェイによるTizen携帯電話を2013年内に発売することを約束している。

 Androidとは異なり、Tizen OSにはアプリトレイがない。ホーム画面自体に、保有する全アプリが表示される。写真には1画面しかないが、上部の「1」は、さらにアプリが増えた際には、複数の画面をスクロールすることになるということを示している。これはTizenの初期ビルドであり、どの点についても変更の可能性がある。
Scroll Right Scroll Left

 スペイン、バルセロナ発--サムスン電子とIntelが開発に導いた新たなモバイルOS「Tizen」が、Mobile World Congressのイベントで華やかにデビューした。

 同OSは、「Android」の優勢に取って代わる可能性があるものとして見られており、手を加えることのできる、よりオープンなOSに対する通信事業者からの需要によっても一部後押しされてきた。

 主要2社のほか、他のパートナー企業にとっても記念すべき日となった。こうした企業には、Tizen Associationの運営委員会に参加予定のHuawei(ファーウェイ)や欧州の無線通信事業者Orangeが含まれる。OrangeはサムスンとファーウェイによるTizen携帯電話を2013年内に発売することを約束している。

 Androidとは異なり、Tizen OSにはアプリトレイがない。ホーム画面自体に、保有する全アプリが表示される。写真には1画面しかないが、上部の「1」は、さらにアプリが増えた際には、複数の画面をスクロールすることになるということを示している。これはTizenの初期ビルドであり、どの点についても変更の可能性がある。

提供: Luke Westaway/CNET

  • このエントリーをはてなブックマークに追加