2012年ふりかえり

クラウド、生活空間、モバイル「3つのシフト」--2012年のアップル製品を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年6月から毎週、CNET Japanに掲載されているAppleと関連するニュースをまとめてきた。

 今回はiPhone、iPad、Macなど、発表された新製品について、振り返ってみたい。2012年に発表されたのは以下の製品だ。この中に、皆さんが購入された製品はあるだろうか?

MacBook Pro
MacBook Pro

3月

 これまでの製品ラインのうち、iPod classic以外の全ての製品が新モデルに切り替わったことになる。また、MacBook Pro Retinaディスプレイモデル、iPad miniといった新しいカテゴリの製品を追加したことも2012年の重要な要素となるだろう。ただ、Mac Proに関しては軽微な更新に留まり、プロユーザーから不満を買っているが2013年には新型を迎えることができるだろう。

 これらのデバイスに加えて、OSはiOS 6とOS X 10.8 Mountain Lionが、プラットホームに近いソフトウェアとしては、iTunes 11、iBooks 3がそれぞれリリースされることとなった。またこれらの更新にあわせてiCloudの高機能化、iTunesのクラウドサービス化、地図の内製化、サードパーティー製Webサービス(Facebook、Twitter、Yelp、MLBなど)の積極的な対応、中国向けWebサービスへの対応などが強化されている。

 これらの中から、トレンドをピックアップすると、Appleの取り組みを3つの「シフト」として認識することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加