サムスン、携帯電話世界市場でノキアから首位奪取--IHS調査

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉2012年12月19日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子が携帯電話市場の新たなリーダーとなった。

 IHSの調査によると、スマートフォン市場ですでにライバル集団の先を行くサムスンは、長年にわたって携帯電話市場の首位だったNokiaの座を奪うことで、世界の携帯電話産業全体に覇権を広げたという。

 こうした立場の逆転は、主に「GALAXY S」スマートフォンシリーズに牽引されてサムスンがいかに急上昇してきたか、またNokiaがどれほど没落したかを示している。Nokiaは、2012年以前の14年間にわたり携帯電話市場に君臨してきたが、ここ数年は旧来の「Symbian」プラットフォームに支えられていた。

 IHSによると、サムスンは携帯電話市場全体の29%を支配し、スマートフォン市場でも28%を占めたという。同社は「GALAXY S III」に加えて、より大型の「GALAXY Note II」や、低価格帯の多様なスマートフォン製品群を提供した。


提供:Roger Cheng/CNET

 スマートフォン市場では、サムスンとAppleが2012年の大半を通じて接戦を繰り広げたが、最終的にサムスンがリードした。Appleのシェアはスマートフォン市場の20%で、依然としてベーシックな携帯電話を多く含む市場全体では10%だった。

 一方のNokiaは、携帯電話市場全体のシェアを2011年の30%から24%に落としたが、これはスマートフォン市場でのシェアが2011年の16%から5%に低下したためだ。折しも同社がSymbianプラットフォームからMicrosoftの携帯電話向けOS「Windows Phone」を搭載する製品群に切り替えようと取り組む中での、驚くべき急落だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加