logo

NASAが開発する実験用飛行機の数々--エドワーズ空軍基地を訪ねて

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年07月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カリフォルニア州エドワーズ空軍基地発--米航空宇宙局(NASA)は宇宙ミッションでよく知られているだろうが、同局は何年も前から、モハベ砂漠で実験用航空機や飛行研究にも取り組んでいる。

 実際に、NASAはエドワーズ空軍基地にあるドライデン飛行研究センターで、米国を代表するいくつかの航空宇宙企業とともに、次世代の飛行機を開発するための作業に取り組んでいる。

 その一例が「X-48」だ。X-48は、翼胴融合として知られる試みの初期段階のものである。

 写真は、新型飛行機の試作品である「X-48C」だ。

 カリフォルニア州エドワーズ空軍基地発--米航空宇宙局(NASA)は宇宙ミッションでよく知られているだろうが、同局は何年も前から、モハベ砂漠で実験用航空機や飛行研究にも取り組んでいる。

 実際に、NASAはエドワーズ空軍基地にあるドライデン飛行研究センターで、米国を代表するいくつかの航空宇宙企業とともに、次世代の飛行機を開発するための作業に取り組んでいる。

 その一例が「X-48」だ。X-48は、翼胴融合として知られる試みの初期段階のものである。

 写真は、新型飛行機の試作品である「X-48C」だ。

提供:Daniel Terdiman/CNET

-PR-企画特集