logo

NASAが開発する実験用飛行機の数々--エドワーズ空軍基地を訪ねて - 2/17

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年07月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 X-48Cのような翼胴融合機の試作機(最終的なフルサイズの飛行機を8.5%のサイズに縮小したバージョン)の目的は、そうした形式の航空機の将来性を実証することだ。NASAと同局の契約パートナーであるBoeingおよびCranfield Aerospaceは前の試作機である「X-48B」で92回のテスト飛行を行っている。

 X-48Cはまだ飛行しておらず、同機のフルサイズバージョンが飛行するまでには10年以上かかる可能性があると研究者は試算している。

 X-48Cのような翼胴融合機の試作機(最終的なフルサイズの飛行機を8.5%のサイズに縮小したバージョン)の目的は、そうした形式の航空機の将来性を実証することだ。NASAと同局の契約パートナーであるBoeingおよびCranfield Aerospaceは前の試作機である「X-48B」で92回のテスト飛行を行っている。

 X-48Cはまだ飛行しておらず、同機のフルサイズバージョンが飛行するまでには10年以上かかる可能性があると研究者は試算している。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]