logo

NASAが開発する実験用飛行機の数々--エドワーズ空軍基地を訪ねて - 5/17

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年07月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 写真は、カリフォルニア州パームデールにあるドライデン飛行研究センターの施設を拠点とする遠赤外線天文学成層圏天文台(The Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy:SOFIA)だ。もともとはPan American World Airwaysの「Boeing 747-SP」だった機体に、大型の望遠鏡と深い夜空の観測を可能にするために開閉できる専用ドアが特別に設置されている。

 SOFIAにはさまざまな用途があるが、宇宙塵の調査もその1つだ、とプロジェクトのチーフサイエンスアドバイザーであるEric Becklin氏は説明する。「塵は惑星や人間を形作る。われわれは、人間の根源である塵の研究を行っている」(Becklin氏)

 写真は、カリフォルニア州パームデールにあるドライデン飛行研究センターの施設を拠点とする遠赤外線天文学成層圏天文台(The Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy:SOFIA)だ。もともとはPan American World Airwaysの「Boeing 747-SP」だった機体に、大型の望遠鏡と深い夜空の観測を可能にするために開閉できる専用ドアが特別に設置されている。

 SOFIAにはさまざまな用途があるが、宇宙塵の調査もその1つだ、とプロジェクトのチーフサイエンスアドバイザーであるEric Becklin氏は説明する。「塵は惑星や人間を形作る。われわれは、人間の根源である塵の研究を行っている」(Becklin氏)

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]