logo

NASAが開発する実験用飛行機の数々--エドワーズ空軍基地を訪ねて - 13/17

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年07月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 写真は、NASAの「X-1E」だ。X-1Eは、Chuck Yeager氏の「X-1」を含む飛行機シリーズの1つで、それらの飛行機は超音速飛行の競争における初期のリーダーだった。

 NASAによれば、「X-1飛行機シリーズの最終機であるX-1Eは、音速の2倍で飛行中データを入手するのに使われ、高速の翼によって達成される改善点の調査に特に重きが置かれている」という。X-1Eは、翼厚比4%の翼で超音速飛行した最初の飛行機であり、したがって、薄翼による高音速飛行能力と十分な安定性を証明した最初の飛行機でもあった。

 「X-1Eは、NASAの高速飛行ステーションのテストパイロット2名が26回の飛行と1回のキャプティブフライトを行っている。X-1Eはマッハ2.24、高度7万3458フィート(約22.39km)で飛行した。X-1シリーズの古い飛行機と同様に、X-1EもBoeing B-29から空中発射された」(NASA)

 写真は、NASAの「X-1E」だ。X-1Eは、Chuck Yeager氏の「X-1」を含む飛行機シリーズの1つで、それらの飛行機は超音速飛行の競争における初期のリーダーだった。

 NASAによれば、「X-1飛行機シリーズの最終機であるX-1Eは、音速の2倍で飛行中データを入手するのに使われ、高速の翼によって達成される改善点の調査に特に重きが置かれている」という。X-1Eは、翼厚比4%の翼で超音速飛行した最初の飛行機であり、したがって、薄翼による高音速飛行能力と十分な安定性を証明した最初の飛行機でもあった。

 「X-1Eは、NASAの高速飛行ステーションのテストパイロット2名が26回の飛行と1回のキャプティブフライトを行っている。X-1Eはマッハ2.24、高度7万3458フィート(約22.39km)で飛行した。X-1シリーズの古い飛行機と同様に、X-1EもBoeing B-29から空中発射された」(NASA)

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]