logo

6社連絡協議会、 「コンプリートガチャガイドライン」を策定

岩本有平 (編集部)2012年05月25日 16時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHN Japan、グリー、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー(DeNA)、ドワンゴ、ミクシィのプラットフォーム事業者6社は5月25日、ソーシャルゲームプラットフォーム連絡協議会(6社連絡協議会)として、「コンプリートガチャガイドライン」を策定したと発表した。

 6社連絡協議会では、発足時よりガイドラインの作成に向け、ワーキンググループにて検討を進めてきたが、消費者庁が5月18日に、ソーシャルゲームのコンプリートガチャ(コンプガチャ)について、景品表示法(景品規制)違反となる「カード合わせ」であるという考えを公表したことを受けて、今回のコンプガチャガイドラインを策定した。

 6社では、同ガイドラインを6月1日より運用する。コンプガチャおよびガチャのうちユーザーを過度に誘引させる、コンプガチャに類似するものに関する事例については情報を収集し、随時公開していくという。

 各社のプラットフォームで提供中の他社製ゲームについても随時ガイドラインの周知を行い、6月末日を期限として、すべてのコンプガチャを廃止するとしている。なお、6社が自社で開発、運営するソーシャルゲームなどについては、5月9日にコンプガチャの新規リリースの中止を行っており、現在運用中のものも、5月31日までに自主的に終了するとしている。

 また、6社連絡協議会では、コンプガチャにとどまらず、「ガチャのうちユーザーを過度に誘引させるようなコンプガチャに類似するもの」「ゲーム内でのユーザーに誤解を与えないような表示方法」などに関するガイドラインも策定し、6月中にも発表するとしている。

 今回策定したガイドラインは6社連絡協議会各社のサイトでのみ公開される。また、現時点では連絡協議会として専用サイトを立ち上げて、情報を集約するなどの予定はないという。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集