logo

グーグルのモトローラ・モビリティ買収、米国時間5月23日までに完了へ

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月22日 08時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが125億ドルを投じたMotorola Mobilityの買収が、米国時間5月23日までについに完了する見込みである。

 Motorola Mobilityは21日に米証券取引委員会(SEC)に提出した書類(Form-8K)において、中国商務省がGoogleによる買収を承認したため、両社は「2営業日以内に」取引を完了する予定だと発表した。

 中国は19日、同買収を承認したと発表した。これで同買収は、最後の主要な規制当局による承認を得たことになった。米司法省欧州連合の規制当局はともに、2012年2月に同買収を承認している。

 Googleは2011年8月、Motorola Mobilityの株価に63%を上乗せした125億ドルで同社を買収する計画を発表した。同買収はさまざまな規制当局によって比較的早期に承認されていたが、Googleが「Android」を利用する最大顧客の1社であるMotorola Mobilityを買収することにより、市場における競争が損なわれるのではないかという懸念も多くささやかれた。

 これに対し、ほとんどすべての主要なGoogle幹部がその懸念を和らげようと試みた。同買収を統括した同社の最高法務責任者(CLO)を務めるDavid Drummond氏は、この買収を実施しても、Googleが「すべてのパートナーのためにAndroidエコシステムを保護する非常に良い位置」にいることに変わりはないと述べた。買収発表直後には、Googleの最高経営責任者(CEO)を務めるLarry Page氏が、同社はすべてのAndroidベンダーに対して中立な立場を維持するつもりだと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]